総合政策學部?桑原ゼミ、法學部?京ゼミ 東海地區の9大學10ゼミで合同ゼミを実施

 総合政策學部?桑原ゼミ(桑原英明教授)と法學部?京ゼミ(京俊介準教授)は、7月4日、9大學10ゼミの計113人で合同ゼミを行いました。參加大學?ゼミは、愛知大學法學部?入江ゼミ、愛知學院大學総合政策學部?中村ゼミ、椙山女學園大學現代マネジメント學部?高ゼミ、常葉大學法學部?林ゼミ、名古屋大學法學部?荒見ゼミ、名古屋市立大學?三浦ゼミ、浜松學院大學現代コミュニケーション學部?伊藤ゼミ、名城大學法學部?高松ゼミでした。

 この合同ゼミは、2013年に京ゼミと愛知大學地域政策學部?野田ゼミ、今里ゼミの3ゼミ約50人で始まりました。コロナ禍のため中止となってしまった2020年を除いて毎年7月頃に開催され、今年で8回目。年々規模が大きくなり、今年は靜岡県2大學からも加わって、過去最多の參加大學、ゼミ、學生數となりました。例年すべてのゼミ、學生が一堂に會して開催されていましたが、今年度は新型コロナウイルス対策として、愛知學院大學日進キャンパス、中京大學名古屋キャンパス、名古屋大學東山キャンパスの3か所に分散して開催されました。

 合同ゼミでは今年のテーマ「移民問題」に関する6冊の新書から1つを課題として選択。各ゼミが課題ごとにいくつかの班に分かれて、異なるゼミから3つの班が集まり1チームを組みました。午前から行われた分科會でチームごとに意見をまとめ、午後、各會場で予選の発表會、その後各會場をインターネット中継でつなぎ、決勝の発表會を行いました。なお、靜岡県內の2大學は県外へ移動しての活動が制限されていたため、午前の分科會からリモートで參加しました。

HP法學部?大山さんのチームの発表②.jpg HP法學部?大山さんのチームの発表の様子.jpg
法學部?大山さんのチームの発表

■參加學生からのコメント

 私たちのチームは、『移民と日本社會 データで読み解く実態と將來像』(永吉希久子著、中公新書、2020年)をもとに、日本の移民に対する問題をデータで読み解きながら、政策を考えました。他大學の學生と共通の移民問題というテーマを議論することで、自分たちにはなかった新たな考え方、新たな問題點などを発見することができ、より良い政策提案をすることができたと思います。結果は惜しくも2位でしたが、今回の合同ゼミで他大學の學生と議論をすることで多様な視點を知ることの面白さや、ひとつものを作り上げることの大変さを學ぶことができる良い機會となり、有意義な時間になりました。

(総合政策學部3年 加藤理玖)

 新型コロナウイルスの影響もあり、例年とは異なるオンライン、対面形式の同時進行での開催となりましたが、他大學の先生方の協力や學生同士の助け合いもあり、円滑に合同ゼミを進めることができたと思います。

 私たちのチームでは『ルポ 技能実習生』という新書をもとに、外國人技能実習生の抱えている問題をいくつか取り上げ、それらを解決していくためにはどのような政策を行うべきかについて他大學の學生と議論をしました。課題への著眼點は大學ごとで共通していたものの、そのための政策案については様々な意見が上がり、限られた時間の中で何度も議論を重ねながら集約して一つの政策案に辿り著いた時は、とても達成感を感じました。結果は予選落ちとなってしまいましたが、今回の合同ゼミでは、自分とは違った視點を持つ人と一つのものを作り上げることの大変さを知った以上に學んだことも多く、大変意義のある時間になりました。

(総合政策學部3年 永田実加)

 私たちのチームは『コンビニ外國人』(芹澤健介著)という文獻を読み、日本にいる外國人技能実習生の現狀と問題點、問題の解決策の提案を行いました。

 分科會では、各ゼミで事前に文獻の要約と問題解決の提案を考え、発表用のスライドを用意しました。事前に同じ本を読んでいたにもかかわらず、それぞれのゼミが準備してきた要約、解決策、スライドは毛色がかなり違ったものになっていたため、投票で選ばれた京ゼミの発表を中心に、要約內容の修正や問題解決策の具體化、スライドを見やすくするための工夫など、発表するための仕上げを行いました。

 分科會で多くの時間をかけて要約の內容、発表用スライドを分かりやすくしたこともあり、決勝に進むことができましたが、優勝には屆かず課題を痛感しました。優勝チームと比較すると、自分たちのチームの発表は解決策の実現可能性に対する考えが甘く、また、質疑応答への準備が不十分だったのだと思います。

 今回の合同ゼミを通して、事前準備の大切さ、チーム全員が協力することの難しさがわかりました。分科會では3つの班の意見をチームの発表にまとめるよう積極的に協力してくれる人、反対に手持ち無沙汰になってしまう人もいて、発表の中心になるゼミとして的確な作業をお願いできていればより良い発表ができたのではと思いました。悔しい経験をして學ぶことも多く、合同ゼミに參加できてよかったです。

(法學部3年 大山貴海)

2021/10/13

  • 記事を共有