トップページ > 大學院研究科

大學院研究科

1990年の創設以來、中京大學大學院社會學研究科は大學教員の養成において、めざましい成果をあげてきました。
本研究科(大學院)出身者のうち8名が、名古屋大學?香川大學?立命館大學?西南學院大學?中部大學?愛知総合看護福祉専門學校?西安交通大學(中國)など海外、國內の高等教育機関で研究者、教育者として活躍しています。また、公立學校教員として、あるいは、マスコミ界の最前線で活躍している修了生もいます。

研究分野紹介

大學院ではこのような勉強をしています。

政治社會學?社會意識論 Political Sociology, Social Psychology

松谷満 MATSUTANI.Mitsuru

現代社會におけるさまざまな政治現象をとくに有権者の政治意識に注目して分析? 考察する。具體的には、ポピュリズム、ナショナリズム、地方政治の変化、若者 の政治意識などを取りあげる。

參考
『再帰的近代の政治社會學』(共著、ミネルヴァ書房)、2008年、
『外國人への まなざしと政治意識』(共著、勁草書房)、2010年。

家族社會學 Sociology of Family

松田茂樹 MATSUDA.Shigeki

少子化?未婚化及びその背景要因―家族の変容、子育て支援、若年雇用、仕事と 生活の両立支援等―に関する分析を行う。わが國の出生率は極めて低く、國の持 続に黃信號がともっている。分析をふまえて、少子化社會の打開策を考える。

參考
『少子化論―なぜまだ結婚?出産しやすい國にならないのか』(勁草書房),2013、
『揺らぐ子育て基盤―少子化社會の現狀と困難』(勁草書房),2010、
『何が育児を支えるのか―中庸なネットワークの強さ』(勁草書房),2008

文化人類學 Cultural Anthropology

亀井哲也 KAMEI.Tetsuya

「モノ」にまつわる比較研究。博物館學。南アフリカ、ンデベレ社會の裝飾文化 と民族意識。

參考
Ndebele Decorative Cultures and their Ethnic Identity (2008, in Yoshida, Kenji & John Mack (eds.), Preserving the Cultural Heritage of Africa: Crisis or Renaissance? UK; James Currey & SA; UNISA) 、
「博物館の住まい 展示と民族藝術:南アフリカ ンデベレの事例から」( 2008年, 『民族藝術』24)、
『図説人類の歴史9&10:先住民の現在(上?下)』( 2007年, 大貫良夫監訳?編訳, 第1~10章の翻訳を擔當, 朝倉書店)

高齢者福祉?社會老年學 Social Welfare for the Aged, Social Gerontology

野口典子 NOGUCHI.Noriko
  1. 高齢者を中心としたインスティテューショナルケアのあり方についての実踐論的研究。ことに要介護高齢者に対する醫療?看護?介護?福祉の統合化について現場との共同研究を行っている。
  2. 中山間?過疎高齢化地域における在宅ケアのあり方に関して、とくにデイサービスを拠點としたプログラムの開発について行っている。

參考
『転換期の社會福祉』(共著)(八千代出版),2000年、『在宅ケア論』(共著)((株)みらい),2001年、『1970年代以降の「老人ホーム」の実踐とその課題』(単)(社會事業史研究 第28號), 2000年。

社會人類學 Social Anthropology

斉藤尚文 SAITO.Hisafumi

調査地:グァテマラ共和國、パプアニューギニア、日本
調査テーマ:開発、醫療、親族

參考
1997.12.10 「環境と開発を読む:パプアニューギニアの森林をめぐって」青木 保〈他?編〉『環境の人類誌』(巖波講座文化人類學第2巻)巖波書店pp. 221-245、1998.3.31 We are one flesh: unity and migration of the Yabio. IN Yoshida, Shuji, and Yukio Toyoda (eds.), Fringe Area of Highlands in Papua New Guinea (Senri Ethnological Studeis no. 47). pp. 93-112、1999. 11. 10 「伐採會社は噓つきだ!パプアニューギニアにおける森林に関する意識向上運動」小柏葉子〈編〉『太平洋島嶼と環境?資源』(太平洋世界叢書第4巻)國際書院pp. 199-227。

メディア社會研究 Media Society

加藤晴明 KATO.Haruhiro

情報社會?メディア文化に関する理論的?実証的研究。視覚文化及びメディアコミュニケーションに関する理論的?実証的研究。CMG、ビデオゲーム、電話コミュニケーション及び空間メディア等。

參考
『メディア文化の社會學』(福村出版)
『《情報》の社會學』(共著)(福村出版)
『自己メディアの社會學』 2012年
『奄美文化の近現代史?生成と発展の地域メディア學?』 2017年

地域社會學 Community Study

小木曽洋司 OGISO.Yoshi

都市のおけるコミュニティスタディの課題は都市そのものを住民がどのように管理しうるかにある。なぜなら本來コミュニティは地域の共同の管理機能をもっており、都市の大規模化はまさにこの機能を喪失することによって生活問題をもたらすからである。そのような意味において管理機能の擔い手として住民組織の研究を焦點にすすめる。

參考
『世界の住民組織』(共著)(自治體研究社)、2000年、『地域共同管理の現在』(共著)(東信堂)、1998年、『地縁関係の現代的意義』(「中京大學社會學部紀要」第12巻第1號)、1997年。

社會臨床心理學 Social Clinical Psychology

辻井正次 TSUJII.Masatsugu

児童期から青年期にかけての自我発達とその逸脫過程。軽度発達障害の地域発達援助システムの構築と運営。

リスク社會論と環境社會學 Sociology of Environmental Health: A Social Determinants Perspective

成元哲 SUNG.Woncheol

環境問題からみた現代社會の分析と、それに基づいた環境問題に関する実証分析を行っている。主に化學物質や環境汚染による被害の非可視性や不確実性を、因果関係及び責任帰屬の観點から考えている。

參考
『「リスク社會」の到來を告げる住民投票運動-新潟県巻町と岐阜県御嵩町の事例を手がかりに-』(『環境社會學研究』第4號)(新曜社)、1998年、『モラル?プロテストとしての環境運動』(長谷川公一編『講座 環境社會學 第4巻 環境運動と政策のダイナミズム』所収)(有斐閣)、2001年。

福祉國家論 Welfare State

大岡頼光 OOKA.Yorimitsu

福祉國家の根拠づけ、および根拠を支える基盤になりうる死生観の研究。

理論社會學?社會理論 Social Theory

蘆川晉 ASHIKAWA.Shin

E?ゴフマン等いわゆるミクロ社會學と呼ばれる議論について、N?ルーマンの枠組みを參照にしながら、その理論構成や問題設定を明らかにする作業を行う一方で、その知見をベースにして現代社會につきまとう諸問題(親密性等)について理論的な考察をめぐらし、現象を読みとくツールを提供していくこと。

參考
「他者の體験」(『情狀別冊』近刊)、「他者に対する態度を強いるもの」(『社會雑誌』41,2000年)

社會福祉援助論?障害者福祉 Theory and Practice of Social Work,Social Welfare for People with Disabilities

伊藤葉子 ITO.Yoko

社會福祉実踐の共通基盤の枠組みとその要素について。障害を持つ人の自立に向けた地域生活支援のあり方について。なかでも、當事者參加、運営を中心とする支援體制のあり方と実踐能力のある専門家としての自己の形成にむけた養成課程および実踐のなかでの教育のあり方について。

シティズンシップ論 Citizenship Study

亀山俊朗 KAMEYAMA.Toshiro

労働をめぐる諸問題を、シティズンシップ研究をはじめとした社會理論の知見にもとづき、実証的?歴史的に検討する。

參考
『フリーターとニートの社會學』(太郎丸博編)(世界思想社),2006年、
『葛藤するシティズンシップ』(共編著)(白澤社),2012年、
『教育する大學』(広田照幸他編)(巖波書店),2013年。

教育社會學、學校社會學 Sociology of Education

森田次朗 MORITA.Jiro

「學校」の多様性に関する教育社會學的研究。「オルタナティブ教育」と呼ばれる諸実踐、特に現代日本で不登校支援を行うフリースールの活動を対象に、1)そこでは何が「教育」とみなされ、一斉授業や教科書に代表される既存の學校文化(社會化)のあり方がいかに再構成されているか、2)なぜそうした諸実踐が社會的に必要とされるかを考察。

參考

  1. 「現代日本社會におけるフリースクール像再考――京都市フリースクールAの日常的実踐から」(『ソシオロジ』第53巻2號),2008年、
  2. “‘The ‘Public’ Aspect of Alternative Schools: A Comparative Study on Two ‘Free Schools’ in Contemporary Japan”(Proceedings of the 3rd Next Generation Global Workshop), 2011、
  3. 「新しい社會科?公民科教育法を構想する――社會科學教育からの示唆」(『中京大學 教師教育論叢』第4巻),2015年。

文化人類學、タイ上座部仏教研究  Cultural Anthropology, Studies on Theravada Buddhism in Thailand

岡部真由美  OKABE.Mayumi

東南アジア大陸部のタイをフィールドとして、近代化?グローバル化に伴う社會変化のなかで宗教と世俗の境界の再編過程に関する民族誌的研究をおこなっている。具體的には、上座部仏教の出家者による開発実踐に著目し、それに関わる人やモノや言説の連なりを動態的に描き、理解するための方法を探究している。

參考
「開発実踐からみた宗教と世俗の境界:現代タイの上座仏教僧によるヘルスケア活動の現場から」石森大知?丹羽典生(編)『宗教と開発の人類學:グローバル化するポスト世俗主義と開発言説』春風社、pp.53-96 、2019年
"Making Sense of the Buddhist Monks' Network As A Community Movement in Contemporary Northern Thailand", in Tanabe, Shigeharu.(ed.) Assemblage of Potentials: Community Movements in Thailand and Cambodia, Chiang Mai, Thailand: Silkworm Books, pp.211-229, 2016
『「開発」を生きる仏教僧:タイにおける開発言説と宗教実踐の民族誌的研究』風響社、2014年

高齢者心理學、社會心理學  psychology of aging, social psychology

中原純  NAKAHARA.Jun

高齢者の対人関係について研究をしています。特に、「他者との接觸の機會が減少する高齢者は、自己(Self)をどのように維持?再構築するのか?」という命題に対して、活動理論(Activity Theory of Aging)の観點から分析を試みています。著名な社會學者、C. H. CooleyやG. H. Meadの理論を援用しつつ仮説を立て、データを取得して仮説の実証を試みるという研究を行っています。

參考
日本老年行動科學會(編)『高齢者のこころ?からだ事典』中央法規, 2014
L. Jensen(Ed.)『Oxford handbook of human development and culture: An interdisciplinary perspective.』New York: Oxford University Press, 2015
佐藤眞一?権藤恭之(編)『よくわかる高齢者心理學』ミネルヴァ書房, 2016

社會福祉學?社會事業史研究  Academic Studies of Social Welfare, Historical Studies of Social Welfare

中嶌洋  NAKASHIMA. Hiroshi

助け合いや他者理解?相互理解の原點を探るべく、戦後日本のホームヘルプ事業の発祥地である長野県上田市を主なフィールドとし、家庭養護婦派遣事業の推進過程を実証的かつ歴史的に検討する。

參考
『日本における在宅介護福祉職形成史研究』みらい、2013年。
『現代日本の在宅介護福祉職成立過程資料集 第1巻~第6巻』近現代資料刊行會、2014年~2018年。
『初學者のための質的研究26の教え』醫學書院、2015年。
『地域福祉?介護福祉の実踐知』現代書館、2016年。

草蜢社区日本在线直播-忘忧草社区在线WWW-免费看黄A级毛片