最近は脱毛サロンよりも高い効果が期待できる医療脱毛を受ける人が増えていますが、色々な種類があるので脱毛する前によく確認しておく必要があります。

クリニックによって採用している脱毛方式の種類は異なり、レーザー光にはいくつかの種類があるので注意が必要です。

医療脱毛の方法は主に3種類ありますが、それぞれのレーザーの方法には注意点があります。

代表的なのがアレキサンドライトレーザーで、日本人の肌のメラニン量との相性がよいのでもっとも多くのクリニックで採用されている方式です。

レーザー1発あたりの照射範囲が広いので照射回数が少なく済むメリットがあり、照射漏れなどのリスクも少ないです。

体に接触しない中空照射なので治療者の力量に左右されないのも魅力で、安定した結果が出やすい種類になります。

またゼリーを使用しないので体が冷えにくく、VIOなどのデリケート部分の施術は他人に触れた機械が自分に触れないので気分的な不快感が少ないのもメリットです。

アレキサンドライトレーザーの注意点は特にないのですが、広範囲を施術する場合、稀に機械がオーバーヒートして中断することがあります。

ダイオードレーザーも医療脱毛でよく採用されている方法で、半導体を用いて作られているので波長の変更が可能です。

アレキサンドライトレーザーと比較すると柔軟に日焼けに対応できるメリットがあり、蓄熱式脱毛など新しい技術に対応できる場合もあります。

注意点は接触照射なのでジェルが必要なところで、ジェル自体の不快感や塗布が広範囲になるとジェルによる体の冷えを強く感じやすいです。

また治療者の力量が不足しているとレーザーの接触面が均一に当たらないことがあり、結果的に浮いた部分が十分な冷却がされずやけどにつながるリスクもあります。

医療脱毛のレーザーの種類の中で一番波長が長く、肌の奥まで届くのがYAGレーザーです。

他の方式よりも肌が黒い人に適応可能なのがメリットですが、レーザーの照射範囲が小さいので広範囲には施術できないデメリットがあります。

導入しているクリニックはまだ少ないですが、注意点は痛みが強いところです。