國際英語學部?高橋未奈美さんが學長賞 學生英語スピーチコンテスト優勝

 昨年12月に行われた第8回學生英語スピーチコンテストで優勝した高橋未奈美さん(國際英語學部4年)が10月10日、學長賞を受賞した。

HPIMG_7358.jpg
 (左から)安村仁志學長、高橋さん、佐野先生

 同コンテストは、愛知県內の大學生を対象とし、今回は「Things that I value(私が大切にしていること)」をテーマに開催された。今年の出場者は8人。高橋さんは大學1年の時から學んでいるフェアトレードを題材に倫理的購買選択が大切であるとして、安価だからという理由で商品を購入すると、間接的に児童労働や環境破壊に影響を與える可能性があることを訴えた。開発途上國の製品を適正な価格で継続的に購入し立場の弱い開発途上國の生産者や労働者の生活改善と自立を目指すフェアトレードのように、地球環境や労働環境に配慮された商品を選ぶことは、良い選択であると話した。高橋さんのゼミの指導教員である佐野八重準教授は「いつも対応が早く、かつ正確なものを作ってくれます。オープンキャンパスでの高校生に向けたプレゼンテーションも依頼しました」と話した。

HPIMG_7361.jpg

 高橋さんはアメリカ?テネシー州のリンカーンメモリアル大學で約9カ月間交換留學を経験している。中高生の時からスピーチコンテストに興味があり応募していたが、事前選考を通過することができず、今回のコンテストが初めての出場だった。

 受賞について高橋さんは「學長賞をいただけるとは全く思っていなかったので驚きました。國際英語學部で培った語學力を生かしてこれからも社會問題等、さまざまな事を學び続けようと思いました」と話した。

 安村學長は「卒業論文もあり大変かと思いますが、殘りの學生生活も充実した時間を過ごしてください」とエールを送った。高橋さんは來年4月、食品商社に就職する。「就職後も英語が活用できる業務に就くことができたら」と話した。

2019/10/15

  • 記事を共有