中京大學スポーツミュージアム開館セレモニーを開催

 中京大學スポーツミュージアム開館セレモニーが10月23日、豊田キャンパスの3號館(大體育館)で開催された。セレモニーには梅村清英総長?理事長、安村仁志學長はじめ大學関係者や日本オリンピック委員會(JOC)松丸喜一郎副會長?総務本部長、愛知県松井圭介副知事、秩父宮記念スポーツ博物館河村弘之館長、フィギュアスケートの宇野昌磨選手(スポーツ科2年)など72人が列席した。

HPテープカット.jpg

 冒頭のあいさつで、安村學長は「大學のミュージアムとして、これらの資料を通じて『教育?研究の場』になることを期待しております」。梅村総長?理事長は「素晴らしい先人の皆さま方のご努力によって、延べ130人を超えるオリンピアンたちが輩出されました。中京大學のスポーツの歴史を幅広く皆さまに知っていただくとともに、今後もスポーツ?學術を通して社會の発展に貢獻していきます」と話した。
 松丸副會長からは「展示物を先さきほど內覧しました。コンパクトながらも充実した素晴らしい內容でした。中京大學がスポーツに貢獻してきた歴史が詰まっていました。JOCもミュージアムを作りましたので、スポーツの価値やオリンピズムを社會に伝えるために、今後もしっかりと連攜していきたいと思います」と祝辭があった。その後、宇野選手から平昌オリンピックのフリーで使用された衣裝の寄託、テープカットが華やかに行われた。

9.衣裝寄託③ (1).jpg
       (左から)宇野選手、安村學長

 芝生広場では記念植樹セレモニーが行われ、「栄光の樹(オーク)」「金メダルの樹(月桂樹)」「夏冬五輪の樹(四季桜)」の3本が植えられた。「栄光の樹」は本學の教授で1936年のベルリン五輪三段跳びで金メダルを獲得した故?田島直人氏が、副賞として持ち帰ったドイツ柏のことで、今回はこの木の子孫である苗木を植樹した。苗木の保存活動をしているオリンピックオークの會の小山尚元代表や日本陸上競技連盟の橫川浩會長、田島直人氏の親族も植樹に立ち會った。

9.植樹栄光の樹③ (1).jpg
「栄光の樹」
(左から)小山氏(オリンピックオークの會代表)、小池和子さん(田島直人氏のご子女)、
      田島泰次さん(田島直人氏のご子息)、橫川會長(日本陸上競技連盟)

金メダルの樹.JPG  DSC_5571.JPG  
「金メダルの樹」
(左から)中京大學名譽教授中山光子氏、同名譽教授中山彰規

「夏冬五輪の樹」
(左から)市川華菜さん(ミズノトラッククラブ)
青戸慎司さん(本學職員、陸上部監督)

 スポーツミュージアムには、オリンピック?パラリンピックの出場選手、指導者らから寄贈?寄託されたメダルやユニホーム、當時の寫真など約3000點の中から157點が展示されている。館長には木村吉次中京大學名譽教授、副館長には來田享子スポーツ科學部教授が就任し、大學関係者だけでなく、一般の方も無料で入館できる。(平日火曜日~木曜日、午前10時~午後5時まで)

 本學関係者のオリンピアン?パラリンピアンは実數で88人、延べ數では133人に上る(2019年10月1日現在)。10月26日にはキャンパス見學會、ホームカミングデーの開催と同時に木村吉次館長による基調講演「中京大學スポーツミュージアムが目指す未來」が豊田キャンパス21號館3階2133教室で開かれる。

HPミュージアム內覧會.jpg
內覧會も行われた

 ■スポーツミュージアム公式ホームページはこちら
  https://sportsmuseum.chukyo-u.ac.jp/

2019/10/23

  • 記事を共有