名古屋六大學トップメッセージフォーラム 大阪で名古屋や各大學の魅力をPR

 名古屋の國公私立の6大學が一同に會す「名古屋六大學トップメッセージフォーラム」が12月11日、大阪のTKPガーデンシティ大阪梅田で開かれた。參加大學は名古屋大學、名古屋工業大學、名古屋市立大學、南山大學、名城大學、中京大學の6大學。大學関係者をはじめ大阪や京都、奈良など関西地區にある高校の進路擔當教員、塾関係者、高校生ら100人を超える聴講者が集まった。

HPIMG_8448.jpg
各大學の魅力を學長自らがアピール

 中京大學?安村仁志學長のあいさつではじまったフォーラムでは、まず名古屋大學の松尾清一総長、名古屋市立大學の郡健二郎學長、南山大學の鳥巣義文學長、名城大學は吉野彰教授のノーベル化學賞授賞式に出席した小原章裕學長に代わって平松正行副學長、中京大學は安村學長、名古屋工業大學の鵜飼裕之學長の順に登壇して「名古屋六大學トップメッセージ~競爭から共創?協創へ 學長が語る教育のあるべき姿~」として各大學の特徴や取り組みについて述べた。安村學長は2020年設立の國際學部の話にも觸れながら、「『學術とスポーツの真剣味の殿堂たれ』を建學の精神に、"學生が主役"の大學です」とアピールした。

 続いてパネルディスカッションが行われ、リクルート進學総研所長?リクルートカレッジマネジメント編集長の小林浩さんがファシリテーターを務め、松尾総長、鵜飼學長、名古屋市立大學?髙石鉄雄副學長、鳥巣學長、名城大學?立花貞司理事長、安村學長がパネリストとして、名古屋で學ぶ価値や、各大學の産學連攜の活動、大學改革について議論を交わした。小林さんは「各大學の特徴、學長の個性も現れていて、関西地區の方に名古屋の魅力も伝わったのでは」と話した。

 フォーラム終了後には情報交換會が行われ、高校と大學の教員、保護者と學長、大學関係者同士で活発な意見交換が行われた。

HPIMG_8473.jpg
登壇したパネリスト

 なお、當日の様子は各種メディアでも取材されました。

 日本経済新聞【電子版】:「名古屋六大學」學長ら、大阪で受験生確保のイベント初開催

2019/12/12

  • 記事を共有