豊田キャンパス?建學の精神に根ざした新たな拠點、新6號館が完成

 建學の精神「學術とスポーツの真剣味の殿堂たれ」に根ざした新たな拠點となる6號館が豊田キャンパスに完成し、8月4日に竣工式が行われた。

IMG_0766.JPG

(左から)伊藤建築設計事務所小田義彥代表取締役社長、梅村総長?理事長、

安村學長、大林組常務執行役員村上考司名古屋支店長

IMG_0797.JPG IMG_0803.JPG

 式典は、梅村清英総長?理事長、安村仁志學長をはじめ學園関係者、工事関係者など27名が出席し、梅村総長?理事長らによる玉串奉奠などの神事が行われた。引き続き行われた直會で梅村総長?理事長は「コロナ禍の中でも新築工事を止めることなく、無事、今日を迎えることができたことを嬉しく思っております。學術、スポーツの両面において、さらなる追い風になると確信しております」と話した。

IMG_0747.JPG

 6號館は2018年2月の大體育館、7月のフィットネスプラザに続く豊田キャンパスの建設物で、本學の特徴であるアーチ形狀を外観に取り入れ、周りの建物との調和を図り、ガラスカーテンウォールを採用した透明感のある外観となっている。館內は教室棟と屋內走路棟で構成され、教室棟は500名定員の大教室、演出照明や音響設備を備えた多目的室、屋外競技の練習スペースとして利用できる屋內人工芝グランドが設けられている。屋內走路棟は余長を含めた全長120mのストレート走路を備え、天候に左右されずに利用することができる。

2020/08/07

  • 記事を共有