東京五輪オンライン壯行會を開催

 「中京大學東京2020オリンピック代表選手団オンライン壯行會」が7月16日、LIVE配信で開催された。

 壯行會では、中京大學學生、卒業生で東京オリンピック?パラリンピックに出場を予定している、競泳4選手、陸上競技3選手が出演し、中京大生からの応援メッセージ動畫の紹介や各選手へのインタビュー、決意表明が行われた。梅村清英総長?理事長?學長は「日頃の練習の成果をフルに発揮してください。応援しています」と激勵のメッセージを送り、體育會長でオリンピック出場経験もある髙橋繁浩教授も選手へエールを送った。

 壯行會は、8月8日までアーカイブを視聴することができる。

HPCマーク.png HP出場選手-陸上(安部選手).png
「がんばれ!中京!」の掛け聲で右手に「C(CHUKYO)」をつくり記念撮影

qr20210719083453313.png

■中京大學オンライン壯行會

 【視聴URL】https://www.youtube.com/watch?v=QX07DFDsSkY

■出場選手の決意表明

HP出場選手-競泳.png
競泳4選手 それぞれが意気込みを語った

◇競泳(日本代表)

 川本武史選手(トヨタ自動車、2016年度スポーツ科學部卒)/男子100mバタフライ
 オリンピックでの目標は50秒39です。このタイムはメダル獲得のラインとなるタイムでもあります。これを目標にこれまでも練習をしてきたので、自信をもって大會に臨みたいと思います。

 小西杏奈選手(ガスワン、2018年度スポーツ科學部卒)/女子100m背泳ぎ、女子4×100mメドレーリレー
 初めてのオリンピック出場で、緊張もあると思いますが、寺川綾さんの日本新記録である58秒70の更新を目指しつつ、全力で楽しみたいと思います。私の楽しむ姿を見て、皆さんに笑顔をおくれたらと思っています。

 難波暉選手(新東工業愛知、2018年度スポーツ科學部卒)/男子4×100mフリーリレー
 自分の強みは、飛び込んでからの前半のスピードです。世界でどの程度通用するかは、わかりませんが、挑戦者の気持ちで全力で頑張りたいと思います。

◇競泳(オマーン代表)

 アルー?アダウィ イサ選手(スポーツ科學部4年)/男子100m自由形
 オリンピックでは自己ベスト記録を出すことを目標に臨みます。オマーン代表としての出場ですが、中京大學代表としても頑張ります。

HP出場選手-陸上.png
HP安部選手ビデオメッセージ.png
陸上3選手 それぞれが意気込みを語った

◇陸上競技

 山本聖途選手(トヨタ自動車、2013年度體育學部卒)/男子棒高跳び
 今回のオリンピックで3度目の出場となりますが、今回こそは、自分が納得できるパフォーマンスができるようにベストを盡くしたいと思います。

 川端魁人選手(三重教員AC、2020年度スポーツ科學部卒)/男子4×400mリレー
 まずはベストな走りができるように準備したいと思います。日本チームとしては決勝進出が目標なので、そこに向けて自分の力を最大限、出していけるようにしたいです。「いつもどおり」を心がけて挑戦していきたいと思います。

 安部孝駿選手(ヤマダホールディングス、2013年度體育學部卒)/男子400mハードル
 今まで支えてくれた方への感謝の気持ちを忘れずに、自己ベスト更新と決勝進出を目標に頑張ります。(ビデオメッセージより)

■代表コーチのコメント

 佐々木祐一郎監督(中京大學水泳部)/競泳日本代表コーチ
 日本チームは金メダル2つと、全員が決勝進出することを目標としています。リオオリンピックで得た経験を活かして、目標達成ができるように臨みたいと思います。

 草薙健太コーチ(中京大學水泳部)/競泳オマーン代表コーチ
 イサ選手が自己ベスト更新できるように最大限にサポートをしたいと思います。また期間中は日本代表チームのサポートも微力ながら行いたいです。メンタルトレーニングを専門としているので、今まで學んできたことを選手にしっかりと伝えたいと思います。

寄せ書き.jpg

會の最後に學生からの応援メッセージ動畫や寄せ書きが紹介された
(※畫像をクリックするとPDFが表示されます)

2021/07/16

  • 記事を共有