梅村學園の學祖?梅村清光の愛用機、椅子を展示

 梅村學園の學祖である梅村清光(1882~1933年)が愛用していた機と椅子が8月6日、名古屋キャンパス11號館1階に展示された。

 梅村清光は學校法人梅村學園の母體である中京商業學校(現?中京大學附屬中京高等學校)を開校し、初代校長を務めた。中京商業學校は、名古屋大空襲(1945年)時に全焼したが、卒業生、在校生の學籍簿と、校長の機と椅子は持ち出すことができ今日まで保管されていた。

【梅村學園學祖?梅村清光(1882~1933年)】
 茨城県?水戸で生まれる。小中學校などの教諭?校長、新聞社勤務を経て、1923年、學校法人梅村學園の母體である中京商業學校を開校。
 清光の唱えた校訓「真剣味」(知?體?徳のバランスのとれた人間形成)の精神は、時代を超え、梅村學園に脈々と受け継がれている。

HPDSC_2643.jpg HPDSC_2649.jpg

■関連リンク
 學校法人梅村學園 校訓?建學の精神(https://www.umemura.ac.jp/information/a2.html)

2021/08/09

  • 記事を共有