中京大學を運営する梅村學園が參畫「名古屋スポーツコミッション」が設立 官?民?スポーツ団體連攜で地域振興を目指す

 中京大學や中京大學附屬中京高校を運営する梅村學園が參畫する「名古屋スポーツコミッション」の結団式が9月7日、名古屋市公館で開かれた。

 「名古屋スポーツコミッション」は、スポーツ庁が官?民?スポーツ団體が一體となったスポーツコミッションの設置を推進していることを受けて名古屋市を中心に立ち上げた団體で、本學園のほか、プロスポーツ団體の中日ドラゴンズや名古屋グランパスエイト、名古屋に本社を置く大同特殊鋼株式會社など大學、団體、企業が參畫。スポーツイベントの開催や大會の誘致、スポーツを通した地域活性化、新たな事業創出などを目指していく。

HP⑥趣意書.jpg

 この日行われた結団式には、各団體代表者が出席。本學園からは梅村清英総長?理事長が參加し、趣意書やロゴマークの確認、橫斷幕への署名などが行われた。また、スポーツ庁の室伏広治長官(2007年度中京大學體育學研究科博士課程修了)からのビデオメッセージもよせられた。

 名古屋スポーツコミッションは今年度、參畫団體が連攜してスポーツの魅力発信、地域一體感の向上を目指す「スポーツあふれるまちづくり事業」と、スポーツをきっかけにして名古屋市全體の交流人口を増加、経済効果の創出を図る公益事業展開を目指す「広域公益事業」などを軸にした活動を計畫している。

HP④基調講演.jpg HP⑤ビデオメッセージ.jpg
結団式での基調講演 室伏長官からのビデオメッセージを視聴

2021/09/08

  • 記事を共有