ショートトラックの井上選手 ユニバーシアード冬季大會日本代表に

 ショートトラックスピードスケートの第30回ユニバーシアード冬季競技大會日本代表選考競技會が10月9、10日、甲府市の小瀬スポーツ公園アイスアリーナで開かれ、中京大學から井上瑠汰選手(スポーツ科學部3年)が男子日本代表に選出されました。
 ユニバーシアードは12月11-21日にスイス?ルツェルンで行われ、ショートトラックには、日本から井上選手を含め、男女各5人が派遣されます。
 選考會では初日から井上選手が最初の1500?で快勝。続く500?は3位に。翌10日の1000?も2位に入賞しました。ユニバーシアードでの活躍が期待されます。

井上選手(先頭).JPG
井上選手(先頭)


 また、選考會には、井上選手のほか、女子の髙橋花菜選手(スポーツ科學部1年)と、小池佑奈選手(東海東京FH、2020年度スポーツ科學部卒)の中京大勢が出場しました。
 髙橋選手は初日の1500?と500?でそれぞれ2位と3位に入賞、小池選手も初日の2種目はB決勝に進出し1位と2位、最終日の1000?は4位入賞するなど、両選手とも健闘しましたが、惜しくも派遣決定は逃しました。ただ、補欠(男女各3人)には選ばれています。

2021/10/18

  • 記事を共有