硬式庭球部 2年ぶり東海學生大學対抗テニスリーグ戦で男女そろって優勝

 新型コロナウイルス感染癥の影響で、2年ぶりに行われた令和3年度全日本大學対抗テニス王座決定試合東海地區予選東海大學対抗テニスリーグ戦において、10月12日、男女そろって優勝し、全日本大學対抗テニス王座決定試合へ出場することとなりました。

 選手たちは昨年戦えなかった先輩たちの分まで毎日練習して、この戦いに臨もうとした矢先、緊急事態宣言によって試合日程が1か月延期されました。無観客無聲援の中での戦いを強いられ苦しい試合もありましたが、全勝で全國大會への出場権を勝ち取ることができました。
 11月8日から愛媛県松山市で行われます全日本大學対抗テニス王座決定試合で日本一を目指して戦います。

2021男子優勝.jpg 2021女子優勝.jpg
男女そろって優勝を果たした硬式庭球部の選手たち

【試合結果】

男子第1戦 中京大學 9-0 四日市大學
男子第2戦 中京大學 9-0 東海學園大學
男子第3戦 中京大學 8-1 朝日大學
男子第4戦 中京大學 9-0 名城大學
男子第5戦 中京大學 5-4 愛知學院大學

女子第1戦 中京大學 5-0 四日市大學
女子第2戦 中京大學 5-0 朝日大學
女子第3戦 中京大學 5-0 椙山女學園大學
女子第4戦 中京大學 5-0 名古屋市立大學
女子第5戦 中京大學 5-0 東海學園大學

2021/10/28

  • 記事を共有