中京大學が2季ぶり20回目の優勝 東海學生アメリカンフットボールリーグ戦

 東海學生アメリカンフットボールリーグ最終戦が10月30日、パロマ瑞穂ラグビー場で行われ、中京大學は名城大學に42対20で勝利し、2季ぶり20回目の優勝を果たしました。今シーズンの東海學生リーグは1部に6チーム、2部にA、Bそれぞれ5チームにて行われました。
 試合は第1クォーターに中京大學が主將山內選手のランプレーで先制し、その後も好プレーを連発。終始相手を圧倒し、42-20の最終スコアとなりました。

山內選手タッチダウン.jpg 長谷川選手インターセプト.jpg

タッチダウンを取った主將山內選手(スポーツ科學部?4年)

インターセプトを決めた
ラインバッカー長谷川選手(スポーツ科學部?4年)

 この優勝により全日本大學アメリカンフットボール選手権への出場権を勝ち取りました。全日本大學アメリカンフットボール選手権1回戦は11月13日、一宮市光明寺公園球技場にて北陸學生連盟代表の福井県立大學と対戦します。

集合寫真.jpg
試合後に閉會式が執り行われ、中京大に優勝カップ、優勝トロフィーが授與されました

■この試合の映像を視聴していただけます。
 東海學生スポーツチャンネル

2021/11/01

  • 記事を共有