競泳の日本新記録樹立に中京大勢が貢獻 三重とこわか選手権水泳競技大會 男子200?メドレーリレー

 コロナ禍で中止となった三重とこわか國體の代替大會として、10月30、31日に三重県鈴鹿市のスポーツの杜鈴鹿水泳場で開かれた「三重とこわか選手権水泳競技大會」の競泳男子200?メドレーリレーで、三重県選抜チームが1分37秒64の日本記録を更新しました。リレーメンバー4選手のうち3人が中京大學勢で、新記録樹立に貢獻しました。

日本記録寫真(水泳).jpg

(左から)宇野選手、谷口選手、阪本選手、難波選手

 中京大勢3選手は第1泳者の背泳ぎ?宇野柊平(三重トヨペット、2019年度スポーツ科學部卒)、第2泳者平泳ぎ?谷口卓(スポーツ科學部2年)、最終泳者自由形の難波暉(新東工業、2018年度スポーツ科學部卒)の各選手で、バタフライの第3泳者は東洋大の阪本祐也選手が務めました。
 東京2020五輪の競泳日本代表で、國體県選手団の主將を務める予定だった難波選手は、來年の世界選手権の代表入りを目指しており、中京大水泳部の佐々木祐一郎監督は「この日本記録更新を弾みにしてくれれば」と語っています。 

2021/11/04

  • 記事を共有