NEWS一覧

研究所紹介

中京大學法務研究所は、2018年11月に、大學付置研究所として発足したものである。
しかるに、その前身は、2006年に中京大學に法科大學院が開設された際に、その付屬研究所として開設された「法曹養成研究所」である。 中京大學法曹養成研究所は、大學における研究所としては、アカデミックな研究にとどまらず、法科大學院の理念であった「法理論と法実務の架橋」を実現すべく、法曹養成そのものをも研究の対象とする研究所であった。 その後、中京大學法科大學院は、2018年10月に廃止となり、また、その付屬研究所である法曹養成研究所も、その改組を求められ、大學付置研究所として、その名稱も新たに、「法務研究所」として誕生することとなった。

法務研究所は、その前身となった法曹養成研究所の理念を受け継ぎ、法務研究所規程第3條(目的)に記されているように、「理論的及び実務的な研究を行い、もって學術の振興、教育の発展に寄與するとともに、社會に貢獻することを目的」をもって、研究を行う研究機関である。 したがって、當研究所の下で行われる共同研究プロジェクトは、研究者のみならず、実務家も加わり、より社會的貢獻の高いものを目指している。

また、機関誌は、前身である法曹養成研究所の機関誌であった”Chukyo Lawyer”を受け継ぎ、日本語呼稱としては、『中京ロイヤー』と稱し、年2回発刊されている。學內外の多くの研究者並びに実務家とともに、研究成果を発信していく。

草蜢社区日本在线直播-忘忧草社区在线WWW-免费看黄A级毛片