総合政策學部坂田隆文教授 日本マーケティング學會でベストポスター賞を受賞

 総合政策學部の坂田隆文教授が2021年10月17日、オンラインにて開催された日本マーケティング學會にて「ベストポスター賞」を受賞しました。「ベストポスター賞」は學會參加者によるブラインド投票で表彰されます。
 発表タイトルは「中小BtoB企業による商品企畫を通したプロモーション戦略の実踐とその効果検証:産學連攜型商品企畫によるブランド構築」で、総合政策學部坂田ゼミで行っている産學連攜活動の內容を紹介したものでした。

20211017 ベストポスター賞.png

【報告要旨】
 近年、一般消費者を顧客としないBtoB企業による消費者向けプロモーションが増加傾向にある。これは、自社の知名度や技術力に関する情報を広く知らしめることで営業活動に反映させようとしたり、採用効果をあげようとするなど一定の目的があることが背景にある。
 しかし、中小企業の場合、數百萬~數千萬、時には數億円をかけたテレビCMのような大規模プロモーションを行うことは困難である。そこで本報告では、愛知県春日井市にある従業員6名の塗料製造?加工會社が産學連攜によるBtoCの商品企畫を行ったことによっていかなるプロモーション効果を生み出したのかについて、その実際の活動の流れと成果について紹介する。
 そこで確認されることは、第一に、BtoB企業がBtoC商品を企畫するという商品企畫の在り方である。産學連攜活動の一事例としても理解できるだろう。第二に、このような活動が同社にもたらすプロモーション効果の可能性である。BtoB企業というのは一般的には話題にあがりにくい。特に中小企業であればなおさらである。しかし、それがBtoC商品を扱うことになれば比較的話題にあがりやすくなるということが理解できると思われる。

20211017 報告資料1.png 20211017 報告資料2.png

坂田隆文ゼミHP(http://www.sakataseminar.jp/

Earth Gear HP(https://www.earthgear-gogoh.com/

関連URL(http://www.readerswithautism.com/achievement/news/2020/11/018947.html

2021/10/18

  • 記事を共有