研究ãƒÈ”£å­¦é€£æºãƒ‹ãƒ¥ãƒ¹{‚¹ tag:www.readerswithautism.com,2011-10-03:/research_2/news//15 2021-11-09T05:31:22Z Movable Type Advanced 6.2.6 わVƒãƒ¹{ƒ„¿U‘学部吉村茜特ä“Q助教 日本バイオメカニクス学会で奨åŠÞp³žã‚’受è³?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/2021/11/020049.html" /> <id>tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.20049</id> <published>2021-11-09T05:21:10Z</published> <updated>2021-11-09T05:31:22Z</updated> <summary> 順天堂大学さくらキャミ냑わV«ã?1æœ?ã€?日に開催された第27回日本バイオメカ...</summary> <author> <name>広報部編集è€?/name> </author> <category term="ニュヹ{‚¹" scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/"> <![CDATA[<p> 順天堂大学さくらキャミ냑わV«ã?1æœ?ã€?日に開催された第27回日本バイオメカニクス学会において、スポーツ科学部渡邊航åã^研究室に所属する吉村茜特ä“Q助教が奨åŠÞp³žã‚’受賞しましたã€?br /> ç™ø™¡¨ã‚ѝ‚¤ãƒˆãƒ«ã¯ã€Žé«˜æ ¡ç”Ÿã«ãŠã‘る最大筋力と½{‹é‡ãŠã‚ˆã³é‹å‹•å˜ä½æ´»å‹•ã¨ã®é–¢ä¿‚』であり、高校生ã‚ücƒƒã‚«ãƒ¼é¸æ‰‹70名の最大筋力を½{‹è‚‰ã¨é‹å‹•ç¥ž¾iŒã®è¦å› ã«åˆ†é›¢ã—て、それらの関係性を明らかにしましたã€?br /> 渡邊航åã^研究室のこれまでの研½I¶æˆæžœã«ã‚ˆã‚Šã€?老化"に伴って最大筋力に対する筋肉と運動¼œžçµŒã®è²¢çŒ®åº¦ãŒå¤‰åŒ–する可能性が½Cºã•ã‚Œã¦ãã¾ã—た。今回の研究ç™ø™¡¨ã§ã¯"ç™ø™‚²"の面から½{‹åŠ›ã‚’決定づける要因の探索を行い、高校生では一般的に知られている発達パã‚ѝƒ¼ãƒ»I¼ˆã‚V‚­ãƒ£ãƒ¢ãƒŸë®æˆé•·æ›²ç·šåQ‰ã«ã‚ˆã£ã¦ç¤ºã•ã‚Œã¦ã„るように、特に筋肉の要因で筋力を説明づけられるという¾iæžœãŒå¾—られましたã€?/p> <table border="0" style="margin-left: auto; margin-right: auto;"> <tbody> <tr> <td><img alt="PPTç”Õdƒ.png" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/0be7016f207c614ccdf0072df0603f07.png" width="400" height="225" /></td> </tr> <tr> <td></td> </tr> </tbody> </table> <p> <br /> 吉村氏を中心に渡邊航òq³ç ”½I¶å®¤ã§ã¯ã€å°å­¦ç”Ÿã‚„中学生を対象とした測定も逌ӂã¦ãŠã‚Šã€é‹å‹•ç¥ž¾iŒãŒã©ã®ã‚ˆã†ã«ç™ºé”していくかåQŸã¨ã„う非常に重要な研究課題の解決にチャレンジしていますã€?br /> 吉村氏は「今後も、子どもやジュニアアわVƒªãƒ¹{ƒˆã«ãŠã„て、成長過½E‹ã‚’考慮したåŠÒŽžœçš„かつ安全な運動トレヹ{ƒ‹ãƒŸë‚°ã«å–り組めることに繋がるような成果をç™ÞZ¿¡ã—ていきたい」と受賞の喜た낒語っています。受賞対象となった本研究は、名古屋高校ã‚ücƒƒã‚«ãƒ¼éƒ¨ãŠã‚ˆã³æ¤™å±±å¥›_­¦åœ’大学生‹zȝ§‘学部½Ž¡ç†æ „養学科三田研究室の協力を得て逌ӂã‚‰ã‚Œã¦ã„ã‚‹ç ”½I¶ãƒ—ロジェクトですã€?/p> <table border="0" style="margin-left: auto; margin-right: auto;"> <tbody> <tr> <td><img alt="受賞挨拶をする吉村特ä»ÕdŠ©æ•™ï¼ˆå»I¼‰.jpg" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/fdd070ba8499a5152e77238cf751cec5.jpg" width="350" height="263" /></td> <td><img alt="高校生サッカー選手の測定をする吉村特ä»ÕdŠ©æ•?jpg" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/e01ed626ae91a4ffacdfc045660a2259.jpg" width="350" height="263" /></td> </tr> <tr> <td align="center"><span style="font-size: small;"><strong>受賞挨拶をする吉村特ä»ÕdŠ©æ•™ï¼ˆå»I¼‰</strong></span></td> <td align="center"><strong><span style="font-size: small;">高校生サッカー選手の測定をする様å­?/span></strong></td> </tr> </tbody> </table> <p></p> <p></p> <p>【関連サイトã€?br />中京大学わVƒãƒ¹{ƒ„¿U‘学部 渡邊航åã^研究室ホヹ{ƒ ãƒšãƒ¼ã‚?br /><a >http://kwatanabe.net/index.html</a></p>]]> </content> </entry> <entry> <title>現代½C¾ä¼šå­¦éƒ¨è¾ÖMº•æ•™æŽˆã€€ç™ºé”支援に役立つ一般玩具専門ã‚üc‚¤ãƒˆã‚’監修 tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.20048 2021-11-09T05:16:11Z 2021-11-09T05:40:33Z  現代½C¾ä¼šå­¦éƒ¨ã®èƒô井教授が、発達障宛_…è€…の発達支援゗÷‚¹ãƒ†ãƒ é–‹ç™ºã«ãŠã‘ã‚‹½W¬ä¸€äºø™€…と... 広報部編集è€?/name>  現代½C¾ä¼šå­¦éƒ¨ã®èƒô井教授が、発達障宛_…è€…の発達支援゗÷‚¹ãƒ†ãƒ é–‹ç™ºã«ãŠã‘ã‚‹½W¬ä¸€äºø™€…として、玩具選た끫悩む保護者・保育者に向けて、子どもの発達に合った玩兗÷‚’見つけられるž®‚é–€ã‚üc‚¤ãƒˆã€ãƒãƒ”ネットオンライ・I¼ˆæ ªå¼ä¼šç¤¾ãƒãƒ”ネット)の監修をしました。サイトでは、発達支援に役立つ一般玩兗÷‚„、遊ãÏx–¹ã‚„大人の関わり方のコツも紹介していますã€?/p>

【関連リミ낯ã€?br />ハピネットオミ냩インåQ?a >https://www.happinetonline.com/ec/category/devStep.html

]]>
大学発新産業創出プログラム(STARTåQ?大学ヅR‚¨ã‚Ÿë‚·ã‚Vƒ†ãƒ æŽ¨é€²åž‹ã€€ã‚V‚¿ãƒ¹{ƒˆã‚¢ãƒƒãƒ—・エコ゗÷‚¹ãƒ†ãƒ å½¢æˆæ”¯æ´ã«æŽ¡æŠžã•ã‚Œã¾ã—た tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.20014 2021-10-29T00:27:07Z 2021-10-29T02:22:36Z  中京大学が参甅R™ã‚?Tongari プラットフォヹ{ƒ ãŒã€ä×oå’?3 òq´åº¦å¤§å­¦ç™ºæ–°... 広報部編集è€?/name>  中京大学が参甅R™ã‚?Tongari プラットフォヹ{ƒ ãŒã€ä×oå’?3 òq´åº¦å¤§å­¦ç™ºæ–°ç”£æ¥­å‰µå‡ºãƒ—ログラãƒ?START) 大学ヅR‚¨ã‚Ÿë‚·ã‚Vƒ†ãƒ æŽ¨é€²åž‹ã‚V‚¿ãƒ¹{ƒˆã‚¢ãƒƒãƒ—・エコ゗÷‚¹ãƒ†ãƒ å½¢æˆæ”¯æ´ã«æŽ¡æŠžã•ã‚Œã¾ã—たã€?/p>

 これは、プラットフォームに参画する 17 大学が、「ものづくり産業集積地としての基盤を‹z…R‹ã—た"ディヹ{ƒ—テックイノベヹ{‚·ãƒ§ãƒ³"のグローバル拠点形成」を掌Ӂ’、未来に¾J‹ãŒã‚‹ä±M値をå‰üc‚Šã€å±Šã‘ることができるトンガった技術を発掘ãƒÖMh材を育成し、技術・イノベー゗÷ƒ§ãƒŸë®è¦³ç‚¹ã‹ã‚‰æãã‚Vƒžãƒ¹{ƒˆ½C¾ä¼šã€ŒTech Innovation Smart Society」をå…ïL¾åŒ–するスã‚ѝƒ¼ãƒˆã‚¢ãƒƒãƒ—ヅR‚¨ã‚Ÿë‚·ã‚Vƒ†ãƒ ã®å®Ÿç¾ã‚’目指す事業ですã€?/p>

 本事業の実施内容は、⑴èµäh¥­‹zÕd‹•æ”¯æ´ãƒ—ログラムの運営、⑵アントレプレナー゗÷ƒƒãƒ—äh材育成プログラムの開発・運営½{‰ã€â‘¶èµäh¥­ç’°å¢ƒã®æ•´å‚™ã€â‘·æ‹ ç‚¹éƒ½å¸‚のエゟ낷わVƒ†ãƒ ã®å½¢æˆãƒÈ™ºå±•ã®ä¸…R« 4 つとなっていますã€?/p>

 本事業の遂行にあたり、本学では、「アミ냈レプレナヹ{‚·ãƒƒãƒ—人材育成プログラムの開発・運営」に注力します。具体的にはã€?strong>中京大学アントレプレナープログラãƒ?EPoChåQˆã‚¨ãƒãƒƒã‚¯Entrepreneur Program of Chukyo UniversityåQ‰ã¨ã„う名称で、共同機関èãK任者であるŠ™‹æœ¬å­¦å‰¯å­¦é•·ã€æœ¬ãƒ—ログラム代表者である¾Råˆæ”¿ç­–学部の坂田隆文教授を中心に学生及ãÏx•™è·å“¡ã«å¯¾ã—てアントレプレナー゗÷ƒƒãƒ—醸成を目的とした多様な教育プログラムの提供を予定していますã€?/p>

【本件問い合わせ先ã€?
中京大学研究推進部研究支援誌Ӏ€ã€€TELåQ?52-835-8068

【関連ホヹ{ƒ ãƒšãƒ¼ã‚¸ã€?br />¿U‘学技術振興機æ§?JST)
 https://www.jst.go.jp/start/jigyo/su-ecosys.html
TongaliプロジェクトåQˆæ±‹¹ïL™ºèµäh¥­å®¶è‚²æˆãƒ—ログラムåQ?br /> https://tongali.net/
中京大学 アントレプレナー
 http://www.readerswithautism.com/research_2/entrepreneur/

]]>
¾Råˆæ”¿ç­–学部坂田隆文教授 日本マーケティング学会でベストポわV‚¿ãƒÆD³žã‚’受è³?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/2021/10/019978.html" /> <id>tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19978</id> <published>2021-10-18T06:24:42Z</published> <updated>2021-10-18T07:00:55Z</updated> <summary> ¾Råˆæ”¿ç­–学部の坂田隆文教授が2021òq?0æœ?7日、オミ냩インにて開催された日...</summary> <author> <name>広報部編集è€?/name> </author> <category term="ニュヹ{‚¹" scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/"> <![CDATA[<p> ¾Råˆæ”¿ç­–学部の坂田隆文教授が2021òq?0æœ?7日、オミ냩インにて開催された日本マヹ{‚±ãƒ†ã‚£ãƒŸë‚°å­¦ä¼šã«ã¦ã€Œãƒ™ã‚Vƒˆãƒã‚¹ã‚ѝƒ¼è³žã€ã‚’受賞しました。「ベわVƒˆãƒã‚¹ã‚ѝƒ¼è³žã€ã¯å­¦ä¼šå‚加者によるブラインド投¼œ¨ã§è¡¨å˜ªã•ã‚Œã¾ã™ã€?br /> ç™ø™¡¨ã‚ѝ‚¤ãƒˆãƒ«ã¯ã€Œä¸­ž®BtoB企業による商品企甅R‚’通したプロモヹ{‚·ãƒ§ãƒ³æˆ¦ç•¥ã®å®Ÿè·üc¨ãã®åŠÒŽžœæ¤œè¨¼åQšç”£å­¦é€£æºåž‹å•†å“ä¼ç”…R«ã‚ˆã‚‹ãƒ–ラミ냉構築」で、総合政½{–学部坂田ゼミで行っている産学連携‹zÕd‹•ã®å†…宏V‚’紹介したものでしたã€?/p> <p></p> <p></p> <table border="0" style="margin-left: auto; margin-right: auto;"> <tbody> <tr> <td style="text-align: center;"><img alt="20211017 ベストポわV‚¿ãƒÆD³ž.png" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/588cb551de4ed3ee26e460c9302e31c2.png" width="400" height="277" style="border: 0.5px solid black;" /></td> </tr> <tr> <td></td> </tr> </tbody> </table> <p></p> <p></p> <p></p> <p></p> <p></p> <p>【報告要旨ã€?br /> ˜q‘年、一般消費者を™å§å®¢ã¨ã—ないBtoB企業による消費者向けプロモヹ{‚·ãƒ§ãƒ³ãŒå¢—加傾向にある。これは、自½C¾ã®çŸ¥ååº¦ã‚„技術力に関する情報を広く知らしめることで営業活動に反映させようとしたり、採用効果をあげようとするなど一定の目的があることが背景にあるã€?br /> しかし、中ž®ä¼æ¥­ã®å ´åˆã€æ•°ç™¾ä¸‡ï½žæ•°åƒä¸‡ã€æ™‚には数億円をかけたテレビCMのような大規模プロモヹ{‚·ãƒ§ãƒ³ã‚’行うことは困難である。そこで本報告では、愛知県春日井市にある従業員åQ–名の塗料製造・加工会社が産学連携によるBtoCの商品企甅R‚’行ったことによっていかなるプロモヹ{‚·ãƒ§ãƒ³åŠÒŽžœã‚’生み出したのかについて、その実際の‹zÕd‹•ã®æµã‚Œã¨æˆæžœã«ã¤ã„て紹介するã€?br /> そこで確認されることは、第一に、BtoB企業がBtoC商品を企甅R™ã‚‹ã¨ã„う商品企画の在り方である。産学連携‹zÕd‹•ã®ä¸€äº‹ä¾‹ã¨ã—ても理解できるだろう。第二に、このような‹zÕd‹•ãŒåŒ½C¾ã«ã‚‚たらすプロモー゗÷ƒ§ãƒ›_Š¹æžœã®å¯èƒ½æ€§ã§ã‚る。BtoB企業というのは一般的には話題にあがりにくい。特に中ž®ä¼æ¥­ã§ã‚ればなおさらである。しかし、それがBtoC商品を扱うことになれば比較的話題にあがりやすくなるということが理解できると思われるã€?/p> <p></p> <p></p> <p></p> <p></p> <p></p> <table border="0" style="margin-left: auto; margin-right: auto;"> <tbody> <tr> <td><img alt="20211017 報告資料åQ?png" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/454de3bb279d126236a6a3bfcf5002ec.png" width="300" height="224" style="border: 0.5px solid black;" /></td> <td><img alt="20211017 報告資料åQ?png" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/ad092b146cb159629c09d51446cdcfd8.png" width="300" height="224" style="border: 0.5px solid black;" /></td> </tr> <tr> <td></td> <td></td> </tr> </tbody> </table> <p></p> <p></p> <p>坂田隆文ス{ƒŸHPåQ?a >http://www.sakataseminar.jp/</a>åQ?/p> <p>Earth Gear HPåQ?a >https://www.earthgear-gogoh.com/</a>åQ?/p> <p>関連URLåQ?a href="http://www.readerswithautism.com/achievement/news/2020/11/018947.html">http://www.readerswithautism.com/achievement/news/2020/11/018947.html</a>åQ?/p>]]> </content> </entry> <entry> <title>愛知県大学対抗ハッカソン"Hack Aichi2021" 工学部濱川研½I¶å®¤ã®å­¦ç”ŸãŒä¼æ¥­è³žã‚’受賞 tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19974 2021-10-18T00:59:33Z 2021-10-18T01:11:13Z  愛知県主催の愛知県大学対抗ハッカソン"Hack Aichi2021"åQ?æœ?ï½?.. 広報部編集è€?/name>  愛知県主催の愛知県大学対抗ハッカソン"Hack Aichi2021"åQ?æœ?ï½?9日)の表彰式ã?0æœ?日に愛知県公˜¡¨ã§è¡Œã‚ã‚Œã€å·¥å­¦éƒ¨‹È±å·ç ”究室の学生チーム(代表åQšä¸­å±Þp£•è²´ã•ã‚“・工学研究¿U‘修士課½E?òqß_¼‰ãŒä¼æ¥­è³žåQˆãƒžã‚­ã‚¿è³žï¼‰ã‚’受賞しました。式には受賞した7大学の代表者各1名と大村¿U€ç« æ„›çŸ¥çœŒçŸ¥äº‹ã€å¤§å³¶å“愛知県経営者協会会镗÷‚‰ãŒå‡ºå¸­ã—ましたã€?br /> ハッカソミ끨は、ソフトウェアのエンジニアリミ낰を指す「ハック」と「マラソミ뀍を¾i„み合わせた造語で、ITを活用して新たな製品ヅR‚µãƒ¹{ƒ“わV®é–‹ç™ºã‚’競い合うイベントですã€?br /> 今回は「にぅR‚“の技術力を再び世界一に!モノづくり×AI・IoTでメイドインジャパンを復‹z…R•ã›ã‚ˆã†ï¼ã€ã‚’テーマに、全11大学53名が参加しましたã€?/p>

【企業賞åQˆãƒžã‚­ã‚¿è³žï¼‰ã€?br /> ã‚ѝ‚¤ãƒˆãƒ«åQšç¤¾å“¡ã®­‘£å‘³ã‹ã‚‰æ‰èƒ½ç™ºæŽ˜åQã€Œã‚«ãƒžã‹ã‘チャットボットã€?br />  チャットボットを‹zȝ”¨ã—て従業員の­‘£å‘³ã‹ã‚‰é©æ­£ã‚’割り出し、適材適所を実現するアプリケー゗÷ƒ§ãƒŸë§ã€éš ã‚ŒãŸäººæç™ºæŽ˜ã‚„適性をítã¾ãˆãŸäººæé…ç½®ã®å®Ÿç¾ã‚’目指すã€?/p>

【学生コメントã€?br /> 最優秀賞は逃しましたが、企業賞という結果をŒD‹ã™ã“とができたのでã€?週間チームで頑張った甲斐があったと思いますã€?br /> 1週間という限られた期間でアイデアを煮詰めプロトタイプを用意する為に、チヹ{ƒ ãƒ¡ãƒ³ãƒãƒ¼ã§ä½œæ¥­ã‚’分担しました。しかし、メミ냐ヹ{ã‚Œãžã‚ŒãŒä½œæˆã—たものを組み合わせる際に上手くいかず、シわVƒ†ãƒ ãŒæƒ›_®šé€šã‚Šã®å‹•ä½œã‚’しない不具合が発生してしまいましたã€?br /> 時間もなかったため焦っていましたが、メミ냐ー同士で協力し期限ぎりぎりまで修正をすることで、何とか完成させることができましたã€?br /> ハッカソミ끮ように、短期間でアイデアを出して一つの゗÷‚¹ãƒ†ãƒ ã‚’作るという¾iŒé¨“は今までありませんでした。この経験から学んだことを今後の研究‹zÕd‹•ã§ã‚‚生かし、さらなる活íwãŒã§ãã‚‹ã‚ˆã†é ‘å¼üc£ã¦ã„きますã€?/p>
image.png

表嘪式に出席したチーム代表の中山さんåQˆå†™çœŸå·¦åQ?/span>

]]>
¾iŒæ¸ˆå­¦éƒ¨ä¸­å±±æƒ å­æ•™æŽˆã€€æ—¥æœ¬åœ°åŸŸå­¦ä¼šã§è‘—作賞を受è³?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/2021/10/019958.html" /> <id>tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19958</id> <published>2021-10-13T00:15:23Z</published> <updated>2021-10-18T05:54:02Z</updated> <summary> ¾iŒæ¸ˆå­¦éƒ¨ã®ä¸­å±±æƒ å­æ•™æŽˆãŒ10æœ?日、日本地域学会著作賞を受賞しました。 受賞ã?..</summary> <author> <name>広報部編集è€?/name> </author> <category term="ニュヹ{‚¹" scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/"> <![CDATA[<p align="left"> ¾iŒæ¸ˆå­¦éƒ¨ã®ä¸­å±±æƒ å­æ•™æŽˆãŒ10æœ?日、日本地域学会著作賞を受賞しましたã€?br /> 受賞した著作賞の対象となったのは『わが国の森林環境税 恒久的な水源涵養の保全に向けて』(勁草書房出版åQ‰ã€‚本書は、わが国の森林と水源涵養のための‹‚®æž—環境½EŽã€æ°´æºåŸºé‡‘について概覟끗ていますã€?/p> <p align="left"> 日本地域学会は、地域学åQˆRegional ScienceåQ‰ã®ç™ºå±•ã«è²¢çŒ®ã™ã‚‹å„ªã‚ŒãŸæ¥­ç‹Dをたたえる為ã€?日本地域学会学会賞を毎年授与していますã€?br /> 同学会の著作賞は、地域学の発展に著しく寄与し、その意¾Ÿ©ã‚„貢献が多大である著作物を表嘪していますã€?/p> <p align="left">【中山惠子教授のゟ냡ミ냈ã€?br /> 選んでくださった皆様に感­‹ç”³ã—上げるとともに、受賞に恥じぬよう、今後も真摯に研½I¶ã«å–ã‚Š¾i„んでまいりますã€?/p> <table border="0" style="margin-left: auto; margin-right: auto;"> <tbody> <tr> <td><img alt="わV‚¯ãƒªãƒ¼ãƒŸë‚·ãƒ§ãƒƒãƒ?2021-10-13 094823.png" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/fe345940b8c2cc15fc015371cbecc592.png" width="400" height="316" style="border: 0.5px solid black;" /></td> </tr> <tr> <td></td> </tr> </tbody> </table>]]> </content> </entry> <entry> <title>わVƒãƒ¹{ƒ„¿U‘学部和光准教授「JAPEW指導者賞」を受賞 tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19936 2021-10-05T08:10:49Z 2021-10-05T08:11:23Z 広報部編集è€?/name> 桑村名誉教授ã?021òq´åº¦æ—¥æœ¬™ìšé¡žå­¦ä¼šè«–文賞を受賞 tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19885 2021-09-21T08:23:54Z 2021-09-21T08:24:23Z 広報部編集è€?/name> イノベー゗÷ƒ§ãƒŸë‚¸ãƒ£ãƒ‘ãƒ?021に中京大学の研究成果を出å±?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/2021/09/019886.html" /> <id>tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19886</id> <published>2021-09-21T07:30:19Z</published> <updated>2021-09-21T08:32:08Z</updated> <summary> 国内最大規模の産学連携マッチングイベント「イノベヹ{‚·ãƒ§ãƒ³ã‚¸ãƒ£ãƒ‘ン2021〜大å­?..</summary> <author> <name>広報部編集è€?/name> </author> <category term="ニュヹ{‚¹" scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/"> <![CDATA[<p> 国内最大規模の産学連携マッチングイベント「イノベヹ{‚·ãƒ§ãƒ³ã‚¸ãƒ£ãƒ‘ン2021〜大学見本市 Online」が8æœ?3日かã‚?æœ?7日までオミ냩インで開催され、中京大学から大学等Š™Ÿé–¢ç ”究゗÷ƒ¼ã‚ºå±•½Cºã«å·¥å­¦éƒ¨ãƒ»Š™‹æœ¬å­¦æ•™æŽˆã€æ•™˜¡Šæ•™è‚²ç ”½I‰™™¢ãƒÕd‰å­å˜ªäººåŠ©æ•™ãŒç ”究成果を出展しましたã€?/p> <p> 国立研究開発法äh¿U‘学技術振興機構(JSTåQ‰ä¸»å‚¬ã®åŒã‚¤ãƒ™ãƒ³ãƒˆã¯ã€å…¨å›½å¤§å­¦ç­‰Š™Ÿé–¢ã®ç ”½I¶ã‚·ãƒ¹{‚ºã‚’一堂に集め、研½I¶æˆæžœã®½C¾ä¼šé‚„元、技術移転を促逌Ӂ—て産学連携を支援するため開催されており、今回で18回目。昨òq´ã«¾Ešãã‚ªãƒ³ãƒ©ã‚¤ãƒŸë§ã®é–‹å‚¬ã¨ãªã£ãŸä»Šå›žã¯ã€æœŸé–“中ã€?00件の技術シヹ{‚ºã‚„、約200件の研究者プレゼミ끌オンライミ끧一般公開されましたã€?/p> <table border="0" style="margin-left: auto; margin-right: auto;"> <tbody> <tr> <td> <p><a ><img alt="イノベー゗÷ƒ§ãƒŸëƒ»ã‚¸ãƒ£ãƒ‘ン2021バナãƒ?jpg" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/a5a896354d35fc914d74df9af784275e.jpg" width="464" height="310" /></a></p> </td> </tr> <tr> <td></td> </tr> </tbody> </table> <p></p> <p> 本学から出展したŠ™‹æœ¬æ•™æŽˆã€å‰å­åŠ©æ•™ã®å‡ºå±•åˆ†é‡Žã€ã‚¿ã‚¤ãƒˆãƒ«ã¯ä»¥ä¸‹ã®ã¨ãŠã‚Šã§ã™ã€?æœ?5日(æ°ß_¼‰ã«ã¯ã€å‡ºå±•ç ”½I¶è€…プレゼミ냆ヹ{‚·ãƒ§ãƒ³ã¨ã—て、橋本教授の「ähから学ぶ¾i„み立てロボット動作の自動生成」が公開されましたã€?/p> <p>◆本学の出展について</p> <table frame="border" style="border-style: solid; border-width: 0px;" rules="all" border="0.5"> <tbody> <tr> <td width="110" style="text-align: center;"> 出展研究者    </td> <td>Š™‹æœ¬ã€€å­¦ï¼ˆå·¥å­¦éƒ¨ã€€æ•™æŽˆåQ?/td> </tr> <tr> <td style="text-align: center;">出展分野</td> <td>情報通信</td> </tr> <tr> <td style="text-align: center;">展示ã‚ѝ‚¤ãƒˆãƒ«</td> <td>人から学ぶ組み立てロボット動作の自動生成</td> </tr> <tr> <td style="text-align: center;">技術概è¦?/td> <td> <p>ロボットによる組み立て作業において、現場でのロボット動作生成を不要にする技術を開発しました。対象部品が部分的に持っている「機能」を利用することによって、ähが教½Cºã—たロボット動作を、類似部品に対して自動的に転¿U…R™ã‚‹ã“とができます。「把持機能を持つ部分」などを深層学習により認識し、その共通性をもとにして、お手本部品から対象物に対して動作パラメヹ{‚¿ã‚’自動転¿U…R—ますã€?/p> <p>なお、この成果は、国立研½I‰™–‹ç™ºæ³•äººæ–°ã‚¨ãƒãƒ«ã‚®ãƒ¹{ƒ»ç”£æ¥­æŠ€è¡“総合開発機構(NEDOåQ‰ã®å§”託業務åQˆJPNP20006åQ‰ã®¾iæžœå¾—られたものですã€?/p> </td> </tr> </tbody> </table> <p></p> <table frame="border" rules="all" border="0.5"> <tbody> <tr> <td width="110" style="text-align: center;"> 出展研究者     </td> <td>吉子 å½îChåQˆæ•™˜¡Šæ•™è‚²ç ”½I‰™™¢ã€€åŠ©æ•™åQ?/td> </tr> <tr> <td style="text-align: center;">出展分野</td> <td><span>ライフサイエミ낹</span></td> </tr> <tr> <td style="text-align: center;">展示ã‚ѝ‚¤ãƒˆãƒ«</td> <td>­‘…音波画像をä½Ñ£ãŸéª¨æ ¼ç­‹ã®è³ªçš„・量的評ä±Mとその応ç”?/td> </tr> <tr> <td style="text-align: center;">技術概è¦?/td> <td> <p>½{‹è‚‰ã¯ã€æ­©ããƒ»æ¤…子から立ち上がる・物を掴むなどの「動作」や競技力などの「パフォヹ{ƒžãƒŸë‚¹ã€ã‚’担うため、èín体の中でも重要な器官です。健店÷§è‡ªç«‹ã—た生活を送ったり、高いパフォヹ{ƒžãƒŸë‚¹ã‚’保つためには、筋肉の状態を詳細に知る必要があります。我々の研究グルヹ{ƒ—では、超éŸÏx‡Lç”Õdƒã‚’用いて½{‹è‚‰ã®ã€Œé‡ã€ã¨ã€Œè³ªã€ã‚’定量化し、筋肉の評ä±Mを行っています。今回ご紹介する½{‹è‚‰é‡ã‚„質の定量化方法は、高齢者の½{‹è‚‰ã®çŠ¶æ…‹ã‚’知ることだけでなく、怪我後のリハビリテー゗÷ƒ§ãƒŸë‚„トレヹ{ƒ‹ãƒŸë‚°ãªã©ã®åŠ¹æžœã®è©•ä±Mへの応用が期待できますã€?/p> </td> </tr> </tbody> </table>]]> </content> </entry> <entry> <title>わVƒãƒ¹{ƒ„¿U‘学研究¿U‘実験実¾˜’助手の½Ž±ï¨‘太誠さんらが「日本アわVƒ¬ãƒ†ã‚£ãƒƒã‚¯ãƒˆãƒ¬ãƒ¹{ƒ‹ãƒŸë‚°å­¦ä¼šã€ã§æœ€å„ªç§€è«–文賞を受賞 tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19881 2021-09-21T06:58:37Z 2021-09-21T07:10:40Z 広報部編集è€?/name> わVƒãƒ¹{ƒ„¿U‘学部重松教授が研究論文ズ´nternational Journal of Environmental Research and Public Healthに発è¡?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/2021/08/019758.html" /> <id>tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19758</id> <published>2021-08-05T00:51:58Z</published> <updated>2021-08-05T03:56:08Z</updated> <summary> わVƒãƒ¹{ƒ„¿U‘学部に今年度着仅R—た重松良¼œæ•™æŽˆã¯ã€ã‚¹ãƒãƒ¼ãƒ„種目を複数実施する「スãƒ?..</summary> <author> <name>広報部編集è€?/name> </author> <category term="ニュヹ{‚¹" scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/"> <![CDATA[<p> わVƒãƒ¹{ƒ„¿U‘学部に今年度着仅R—た重松良¼œæ•™æŽˆã¯ã€ã‚¹ãƒãƒ¼ãƒ„種目を複数実施する「スポーツの多様化」がž®å­¦æ ¡ã§èªã‚ã‚‰ã‚Œã‚‹ãŒã€ä¸­å­¦æ ¡ä»¥é™ã§ã¯å¤šæ§˜åŒ–にないことã‚?æœ?日ã€?<a >International Journal of Environmental Research and Public Health</a> に発表したã€?/p> <p> ç™ø™¡¨è«–文は「Sports Specialization and Sports-Related Injuries in Japanese School-Aged Children and Adolescents: A Retrospective Descriptive Study」ã€?70人の日本の大学生を対象に、小学生から高校生までの間に従事していたわVƒãƒ¹{ƒ„を調柅R—たこの研½I¶ã§ã¯ã€ä½•ã‚‰ã‹ã®ã‚¹ãƒãƒ¼ãƒ„をしていた学生のうち、小学校高学òq´ã¾ã§ã¯è¤‡æ•°ã®ã‚¹ãƒãƒ¼ãƒ„をしていた学生が多かったのに比くV€ä¸­å­¦æ ¡ã€é«˜æ ¡ã§ã?0åQ…以上がそれぞれ一つのわVƒãƒ¹{ƒ„に従事していたことが明らかになった。またスポーツをしていた学生54åQ…に傷害åQˆå¤–å‚—÷‚るいは障宻I¼‰ãŒç”Ÿã˜ã¦ã„たことが分かり、その内、中学校と高校での傷実끮割合が多かったことも報告したã€?/p> <p> 今後、スポーツ専門化が傷害発生に関連しているかを検­a¹{™ã‚‹ã“とで、専門化を遅らせるくVã‹å¦ã‹ãŒåˆ†ã‹ã‚‹ã‚ˆã†ã«ãªã‚‹ã€?/p> <p> なお、この研½I¶ã¯é‡æ¾æ•™æŽˆã®å‰ä»ÀL ¡ã§ã‚る三重大学で指導した学生の卒業論文をもとにまとめられた。スポーツ経験者の多い中京大学わVƒãƒ¹{ƒ„¿U‘学部の学生でも同様の結果が得られるかを検証する予定であるã€?/p> <p>【参考グラフã€?/p> <table border="0" style="margin-left: auto; margin-right: auto;"> <tbody> <tr> <td style="text-align: center;"><img alt="Figure2.jpg" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/Figure2_1.jpg" width="383" height="334" /></td> </tr> <tr> <td>åQ”つのグラフは上からž®å­¦æ ¡ä½Žå­¦å¹´ã€å°å­¦æ ¡é«˜å­¦òq´ã€ä¸­å­¦æ ¡ã€é«˜æ ¡ã‚’表している。縦軸は人数、横軸は週あたりのスポーツ時間を½Cºã—ている。校½E®ãŒä¸ŠãŒã‚‹ã«ã¤ã‚Œã¦ã‚¹ãƒãƒ¼ãƒ„時間が镗÷ãªã£ã¦ã„ることが分かるã€?/td> </tr> </tbody> </table> <p></p> <table border="0" style="margin-left: auto; margin-right: auto;"> <tbody> <tr> <td style="text-align: center;"><img alt="Figure3.jpg" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/Figure3_1.jpg" width="571" height="275" /></td> </tr> <tr> <td> <p>åQ–つのグラフの内、左åQ“つが男性、右åQ“つが女性を表している。上から傷害、外傗÷€éšœå®Ÿë®ç™ºç”Ÿå‰²åˆã‚’示している。傷実끯外傷と障実낒合わせたもの、外傗÷¯éª¨æŠ˜ã‚„捻挫など急激に発生するもの、障実끯動作の繰り返しなどによって徐々に発生するものである。グラフを見ると、女性よりもç”äh€§ã§å—傷し、また障実낈りも外傷が多いことが分かるã€?/p> </td> </tr> </tbody> </table> <p></p> <table border="0" style="margin-left: auto; margin-right: auto;"> <tbody> <tr> <td style="text-align: center;"><img alt="Figure4.jpg" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/Figure4_1.jpg" width="568" height="270" /></td> </tr> <tr> <td>åQ“つのグラフは左から傷害、外傗÷€éšœå®Ÿë®ç™ºç”Ÿå‰²åˆã‚’表している。いずれも校½E®ãŒä¸ŠãŒã‚‹ã«ã¤ã‚Œã¦å—å‚—÷—ていることが分かるã€?/td> </tr> </tbody> </table> <p></p> <table border="0" style="margin-left: auto; margin-right: auto;"> <tbody> <tr> <td style="text-align: center;"><img alt="HPSupplementary Material (Figure S1).jpg" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/2c6c6953df192137b4b4992bb39a8038.jpg" width="508" height="314" /></td> </tr> <tr> <td>¾^¦è»¸ã¯æ ¡½E®ã€æ¨ªè»¸ã¯570名の対象者を表している。左側の84名は部活動などで運動をしたことがない。中央の335名は運動したことはあるが、常ã?½E®ç›®ã ã£ãŸã€‚左側の149名は2½E®ç›®ä»¥ä¸Šã‚’同時期に経験したことがある。青艌ӁŒ‹Èƒããªã‚‹ã…R©½E®ç›®æ•°ãŒå¤šã„ことを表している。このグラフから、多くの人が1½E®ç›®ã—か実施しておらず、また中学校以降でその傾向が弗÷ãªã£ã¦ã„ることが分かるã€?/td> </tr> </tbody> </table>]]> </content> </entry> <entry> <title>わVƒãƒ¹{ƒ„¿U‘学部舟Š™‹å‡†æ•™æŽˆ ã€?020òq´åº¦æ—¥æœ¬ã‚Vƒãƒ¹{ƒ„産業学会奨励賞」を受賞 tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19744 2021-07-30T02:27:30Z 2021-07-30T02:29:02Z 広報部編集è€?/name> わVƒãƒ¹{ƒ„¿U‘学研究¿U‘実験実¾˜’助手の若月さん、スポーツ科学部å±Þq”°æ•™æŽˆã€€ 日本認知¿U‘学会でã€?020òq´åº¦æ—¥æœ¬èªçŸ¥¿U‘学会奨åŠÞp«–文賞」を受賞 tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19725 2021-07-26T08:06:16Z 2021-07-26T08:07:32Z 広報部編集è€?/name> 大阪イノベー゗÷ƒ§ãƒŸëƒãƒ–主催のイベミ냈でスポーツ科学部荒牧教授、工学部瀧教授が­‹›æ¼” 新たな事業創出を目指ã?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/2021/07/019670.html" /> <id>tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19670</id> <published>2021-07-06T07:43:40Z</published> <updated>2021-07-06T09:02:14Z</updated> <summary> 大阪イノベー゗÷ƒ§ãƒŸëƒãƒ–(OIHåQ‰ä¸»å‚¬ã®ã‚¤ãƒ™ãƒŸëƒˆã€Œç”£å­¦é€£æºãƒ†ãƒƒã‚¯ãƒŸãƒ¹{ƒ†ã‚£ãƒ³ã‚?ã‚?..</summary> <author> <name>広報部編集è€?/name> </author> <category term="ニュヹ{‚¹" scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/"> <![CDATA[<p> 大阪イノベー゗÷ƒ§ãƒŸëƒãƒ–(OIHåQ‰ä¸»å‚¬ã®ã‚¤ãƒ™ãƒŸëƒˆã€Œç”£å­¦é€£æºãƒ†ãƒƒã‚¯ãƒŸãƒ¹{ƒ†ã‚£ãƒ³ã‚?わVƒãƒ¹{ƒ„テック・わVƒãƒ¹{ƒ„ã‚üc‚¤ã‚¨ãƒ³ã‚¹ç·¨ã€ãŒ6æœ?4日、オミ냩インで開かれ、スポーツ科学部の荒牧勇教授、工学部の瀧剛志教授が­‹›æ¼”したã€?/p> <p> OIHは、大阪市ã?013òq´ã«é–‹è¨­ã—たèµäh¥­å®¶ã€æŠ€è¡“者が集まã‚?イノベー゗÷ƒ§ãƒ›_‰µå‡ºæ‹ ç‚?で、「大阪から世界へ」をテーマに、新しい事業の創出、拡大につながるイベミ냈やプログラムを年間約250回開催している。今回、本学は中部圏から初めての参加となったã€?/p> <p> 荒牧教授、瀧教授が­‹›æ¼”した「産学連携テックミヹ{ƒ†ã‚£ãƒ³ã‚°ã€ã¯ã€å¤§å­¦ã‚„研究Š™Ÿé–¢ã®ç ”½I¶ã‚·ãƒ¹{‚ºã‚’発表することで、企業との共同研½I‰™–‹ç™ºã‚„特許の活用をめざすマッチミ낰イベミ냈ã€?æœ?4日は「スポーツテックヅR‚¹ãƒãƒ¼ãƒ„サイエミ낹¾R¨ã€ã¨ã—て、開催が˜q«ã£ãŸæ±äº¬ã‚ªãƒªãƒ³ãƒ”ックに関連し、スポーツ産業で‹zȝ”¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ç ”½I¶ã‚’ç™ø™¡¨ã—たã€?/p> <p> 荒牧教授は「脳é›ÀL°—刺激と脳構造画像解析を¾i„み合わせたíw«ä½“パフォーマンわV‚¢ãƒƒãƒ—法の開発」をテーマに、脳を電気刺‹È€ã™ã‚‹ã€ŒçµŒé ­è“‹ç›´æµé›ÀL°—刺激åQˆtranscranial Direct Current StimulationåQštDCSåQ‰ã€ã¨ã„う手法を用いて、èín体運動パフォヹ{ƒžãƒŸë‚¹ã‚’アップさせる研½I¶ã«ã¤ã„て紹介した。また「MRIè„Ïx§‹é€ è§£æžã€ã¨ã—て、個々の脟끮断面囟낒定量的に表すVBMを解析することで、競技ごとに脳のどの分野が発達しているか調柅R‚’逌ӂã¦ã„ると説明。今後、その特性をä½Ñ£ãŸã€Œæœ€é©ã‚¹ãƒãƒ¼ãƒ„種目の選択゗÷‚¹ãƒ†ãƒ ã®é–‹ç™ºã€ã‚„、tDCSと組み合わせた「脳の構造とŠ™Ÿèƒ½ã«æ³¨ç›®ã—たtDCS法の開発」が惛_®šã•ã‚Œã‚‹ã¨è©±ã—たã€?/p> <table border="0" style="margin-left: auto; margin-right: auto;"> <tbody> <tr> <td><img alt="HP荒牧先生.jpg" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/dde37a8de8bf44a4221cec49970bfb29.jpg" width="456" height="256" /></td> </tr> <tr> <td style="text-align: center;"><span style="font-size: small;"><strong>研究内容について紹介する荒牧教授</strong></span></td> </tr> </tbody> </table> <p></p> <p></p> <p> 瀧教授は「スポーツにおけるチヹ{ƒ ãƒ¯ãƒ¼ã‚¯åˆ†æžã®ãŸã‚ã®ç‰¹å¾´é‡ã¨ãã®å¿œç”¨æŠ€è¡“」をテーマに、チヹ{ƒ ãƒ¯ãƒ¼ã‚¯ã‚’分析するための特徴量åQˆãã®å¯¾è±¡ã®ç‰ÒŽ€§ã‚’定量的に表した数値)となる「優勢領域」、またähの移動能力を測るæ–ÒŽ³•ã¨ã—て「加速度パタヹ{ƒ³ã€ã«ã¤ã„て説明。優勢領域は、他の誰よりも早く到達できるところまでを領域として、それが時間¾iŒéŽã«ã‚ˆã£ã¦å¤‰åŒ–する勢力½‹„囲をトラッキングデヹ{‚¿ã‹ã‚‰­aˆç®—して可視化する。サッカヹ{ªã©ã®ç«¶æŠ€ã§ã¯ãƒãƒ¼ãƒ ã€å€‹ähの持つスペーわV‚’有効‹zȝ”¨ã™ã‚‹ã“とが重要視され、優勢領域を‹zȝ”¨ã™ã‚‹ã“とでチヹ{ƒ ç«¶æŠ€ã«ãŠã‘るれӃ¼ãƒ åˆ†æžæ‰‹æ³•ã®é–‹ç™ºãªã©ãŒæƒ³å®šã•ã‚Œã‚‹ã¨èª¬æ˜Žã—た。加速度パタヹ{ƒ³ã¯å€‹ähの運動能力を表す指標としてもä½Ñˆã‚‹å¯èƒ½æ€§ãŒã‚ると話し、個ähの加速能力と競技ç‰ÒŽ€§ã®ãƒžãƒƒãƒãƒ³ã‚°ã‚„、新しい運動能力テストの開発など応用についても紹介したã€?/p> <table border="0" style="margin-left: auto; margin-right: auto;"> <tbody> <tr> <td><img alt="HP瀧先ç”?jpg" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/ca5e1796b7693a8d3a78a1b679cd1a0c.jpg" width="459" height="258" /></td> </tr> <tr> <td style="text-align: center;"><span style="font-size: small;"><strong>瀧教授は優勢領域、加速度パタヹ{ƒ³ã«ã¤ã„て説明</strong></span></td> </tr> </tbody> </table> <p></p> <p> ­‹›æ¼”後には、聴­‹›ã—た企業から多数の質問があがった。現在、産学連携に向けて面談希望の企業ともコミ낿クトをとっているã€?/p>]]> </content> </entry> <entry> <title>わVƒãƒ¹{ƒ„¿U‘学部松本孝朗教授が豊田市消防職員の「暑熱順化」をã‚ücƒãƒ¹{ƒˆã€€ç†×ƒ¸­ç—‡äºˆé˜ŒÓ‚’促é€?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/2021/06/019638.html" /> <id>tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19638</id> <published>2021-06-28T01:21:35Z</published> <updated>2021-06-28T01:37:52Z</updated> <summary> わVƒãƒ¹{ƒ„¿U‘学部の松本孝朗教授と刑部純òq›_Š©æ‰‹ã€å¤§å­¦é™¢ç”Ÿã‚‰ã¯ã€?021òq?月から豊...</summary> <author> <name>広報部編集è€?/name> </author> <category term="ニュヹ{‚¹" scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/"> <![CDATA[<p> わVƒãƒ¹{ƒ„¿U‘学部の松本孝朗教授と刑部純òq›_Š©æ‰‹ã€å¤§å­¦é™¢ç”Ÿã‚‰ã¯ã€?021òq?月から豊田市消防と共同で「消防çÖv員の暑熱順化プログラム」開発を行っている。体が暑さに慣れることを暑熱順化といい、夏の暑い時期でも防火服を着て訓¾R´ãƒ»ç‘Ö ´‹zÕd‹•ã‚’行う消防隊員のç†×ƒ¸­ç—‡ã‚’予防するため、大学と市消阌ӁŒç ”究分野で初めて協力するã€?/p> <p> 松本教授は「消防隊員の斏VŸã¡ã¯ã€ç«ã®ç†±ã‹ã‚‰å®ˆã‚‹ãŸã‚ã®é˜²ç«æœã‚’着て訓¾R´ã€ç¾å ´æ´»å‹•ã‚’行っている。防火服は火の熱から体を守ってくれるが、その反面、特に夏の炎天下の中では、着ているähの体温も上がるため、熱中症になるリわV‚¯ãŒé«˜ã„。暑さが本格化する前に暑熱順化のトレヹ{ƒ‹ãƒŸë‚°ã‚’して夏向けの体を作る必要があります」と話すã€?/p> <p> 6æœ?1ã€?2日は、市消防職員ã?月から約1か月かけて行ってきた"暑熱順化するためのトレーニンゎͼˆæš‘熱順化トレヹ{ƒ‹ãƒŸë‚°åQ?の成果をã€?0代~50代の消防隊員8人を対象にデヹ{‚¿æ¸¬å®šã—たã€?/p> <p> 初回デーã‚ѝ¯4月に測定。暑熱順化トレーニングは5月から約1か月間、é€?回のジョギンã‚?0分、筋トレ30分のç´?時間の運動を消防隊員ç´?00人が¾Ešã‘てきたã€?/p> <p> 測定は、豊田キャンパス「äh工気象室」で行われた。気æ¸?0度、湿åº?0åQ…に­a­å®šã•ã‚ŒãŸå®¤å†…で、代è¡?人がž®‘し負荷のかかる自転車こぎ運動を行う。心拍数、発汗量の連続測定、体重測定、腕からの汗中の塩分‹Èƒåº¦ã‚’測りã€?月測定時より発汗量は多くなっていたり、塩分濃度が下がっていたりすると「暑熱順化されている」ということになるã€?1日の測定では、発汗量が大きく増加していたことがわかったã€?/p> <p></p> <table border="0" style="margin-left: auto; margin-right: auto;"> <tbody> <tr> <td><img alt="HPIMG_7099.jpg" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/HPIMG_7099.jpg" width="438" height="292" /></td> <td><img alt="HPIMG_7087.jpg" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/HPIMG_7087.jpg" width="438" height="292" /></td> </tr> <tr> <td style="text-align: center;"><span style="font-size: small;"><strong>人工気象室で自転車こぎ運動を行う30代ã€?0代の消防隊員</strong></span></td> <td style="text-align: center;"><span style="font-size: small;"><strong>デーã‚ѝ‚’測定する松本教授</strong></span></td> </tr> </tbody> </table> <p></p> <p> 測定したデーã‚ѝ¯ä¸­äº¬å¤§å­¦å´ãŒæ¤œè¨¼ã—、その結果をãüc¾ãˆã€?月には市消防職員を対象に松本教授による暑熱順化トレーニング研修会を予定している。暑熱順化、トレーニング内宏V«ã¤ã„て評価して、次òq´åº¦ã«å‘けたトレヹ{ƒ‹ãƒŸë‚°ãƒ¡ãƒ‹ãƒ¥ãƒ¼ã‚’考案していくã€?/p> <p></p> <p><strong>■関連記äº?/strong></p> <p>ãƒÀLœæ—¥æ–°èžãƒ‡ã‚¸ã‚¿ãƒ«ï¼æš‘さに体が慣れているか? 愛知の豊田市消防が測定・評ä±MåQ?021òq?æœ?4日)<br /> <a >https://www.asahi.com/articles/ASP6R6TH5P6POBJB001.html</a></p> <p>ãƒÖM¸­æ—¥æ–°èžï¼ˆ2021òq?æœ?4日朝刊)12é?/p>]]> </content> </entry> </feed> <a href="http://www.readerswithautism.com/">²ÝòìÉçÇøÈÕ±¾ÔÚÏßÖ±²¥-ÍüÓDzÝÉçÇøÔÚÏßWWW-Ãâ·Ñ¿´»ÆA¼¶Ã«Æ¬</a> <script> (function(){ var bp = document.createElement('script'); var curProtocol = window.location.protocol.split(':')[0]; if (curProtocol === 'https') { bp.src = 'https://zz.bdstatic.com/linksubmit/push.js'; } else { bp.src = 'http://push.zhanzhang.baidu.com/push.js'; } var s = document.getElementsByTagName("script")[0]; s.parentNode.insertBefore(bp, s); })(); </script> </body>