研究ãƒÈ”£å­¦é€£æºãƒ‹ãƒ¥ãƒ¹{‚¹ tag:www.readerswithautism.com,2011-10-03:/research_2/news//15 2021-11-09T05:31:22Z Movable Type Advanced 6.2.6 家計パネルデヹ{‚¿ã®é€²å±• tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.20006 2021-11-04T00:15:00Z 2021-11-04T00:34:43Z 深堀 遼太郎 ¾iŒæ¸ˆå­¦éƒ¨å‡†æ•™æŽ? 今年のアルフレッド・ノーベル­a˜å¿µ¾iŒæ¸ˆå­¦ã‚¹ã‚¦ã‚§ãƒ?.. 広報部編集è€?/name> 深堀先生 ™å”写çœ?jpg 深堀 遼太郎 ¾iŒæ¸ˆå­¦éƒ¨å‡†æ•™æŽ?/span>

 今年ã?em>アルフレッドãƒ?em>ノーベル­a˜å¿µ¾iŒæ¸ˆå­¦ã‚¹ã‚¦ã‚§ãƒ¹{ƒ‡ãƒ›_›½ç«‹éŠ€è¡?/em>賞は、労働経済学への実証的貢献を理由にカヹ{ƒ‰æ•™æŽˆã¸ã€ã¾ãŸå› æžœé–¢ä¿‚の分析へのæ–ÒŽ³•è«–的貢献を理由にアングリわVƒˆæ•™æŽˆã¨ã‚¤ãƒŸëƒ™ãƒŸë‚¹æ•™æŽˆã¸ã¨æŽˆä¸Žã•ã‚Œã‚‹ã€‚三者に共通するのは、政½{–などが珑֮Ÿ¾iŒæ¸ˆã«ä¸ŽãˆãŸå› æžœçš„効果についてのç”ÀLœŸçš„な測定手法を学界に知らしめたことである。ここではその手法や成果の概説は割愛し、『「原因と¾iæžœã€ã®¾iŒæ¸ˆå­¦ã€ãªã©ã®òqÏx˜“な一般書に譲るã€?/p>

 ½{†è€…がž®‚門とする労働経済学は、ミクロデーã‚ѝ‚’用いた計量経済学的な実証研究が最も盛んな分野の一つであり、こうした新手法の恩æüc‚’大いに得て、さらなる発展を遂げたã€?/p>

 デーã‚ѝ®é¢ã§åŠ´åƒ¾iŒæ¸ˆç ”究を見ると、パネルデータ分析がこの数十òq´ã§é£›èºçš„に増えた。パネルデーã‚ѝ¨ã¯ã€è¤‡æ•°ã®å¯¾è±¡ã«ã¤ã„て複数時点に渡って˜q½èÙE的に情報を収集したものである。同一対象における政策介入前後時点の状態比較が正確にでき、カヹ{ƒ‰æ•™æŽˆã‚‰ã«ã‚ˆã‚‹å› æžœé–¢ä¿‚の識別戦略(自然実験åQ‰ã¨ã‚‚相性が良いため利用が一層促逌Ӂ•ã‚ŒãŸã€‚加えて、近òq´ã®­aˆé‡ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®æ€§èƒ½å‘上と普及によって、研½I¶ã ã‘でなく授業での演習も行いやすくなった。パネルデータ分析は今では学部生にもíw«è¿‘なものになっているã€?/p>

 ところが我が国の家計パネルデヹ{‚¿ã®æ•´å‚™ã¯ã€æ¬§¾cŸë‚’˜q½ã†çŠ¶æ³ã«ã‚る。アメリカでã?960òq´ä»£ã«èª¿æŸ…RŒå§‹ã‚ã‚‰ã‚ŒãŸã®ã«å¯¾ã—、我が国では嚆矢となる「消è²È”Ÿ‹z…R«é–¢ã™ã‚‹ãƒ‘ネル調査」が開始されたのã?993òq´ã§ã‚り、厚生労働省、慶應義塑֤§å­¦ã€å¤§é˜ªå¤§å­¦ã€æ±äº¬å¤§å­¦ãªã©ãŒãã‚Œãžã‚Œã«ç‰¹è‰ŒÓ‚る調柅R‚’立ち上げたのã?000òq´ä»£ã«å…¥ã£ã¦ã‹ã‚‰ã§ã‚ったã€?/p>

 家計パネル調柅R®å®Ÿæ–½ã§é‡è¦ãªã“との一つは¾E™ç¶šæ€§ã§ã‚る。そもそも家­aˆãƒ‘ネル調査は初òq´åº¦ã¨åŒä¸€ã®å€‹ähまたは世帯を毎年調査していくものであり、観察年数が镗÷„ぅR©åˆ†æžå¯èƒ½ãªãƒ†ãƒ¹{ƒžã¯åºƒãŒã‚‹ã€‚その理由の一つは、各½E®ãƒ©ã‚¤ãƒ•ã‚¤ãƒ™ãƒŸëƒˆã¸ã®å¯‘Ö¿œã‚„、調æŸÀLœŸé–“中に生じた½Hç™ºçš„な¾iŒæ¸ˆã‚—÷ƒ§ãƒƒã‚¯ã®é•·æœŸçš„影響など、同一個ähの行動変化を多く拾えるようになるからだ。東日本大震災やゟ냭ナ危Š™Ÿã«ãŠã„ても、その前からパネル調柅RŒå®Ÿæ–½ã•ã‚Œã¦ã„たことがòq¸ã„し、日本家­aˆã¸ã®åª„éŸÑ‚’詳細に分析した研½I¶ãŒç”Ÿã¾ã‚Œã¦ã„ã‚‹ã€?/p>

 しかし末镗÷„調査¾E™ç¶šã®ãŸã‚ã«ã¯å®‰å®šè²¡æºã‚„回答者からの理解ãƒÈ¶™¾Ešçš„協力が必要だ。特に我が国の課™åŒã¯å‰è€…にある。æ“v外の著名なパネル調査では、実施主体に対して政府が直接関与している場合が少なくないため、比較的安定して予算を確保できる。一斏V€æˆ‘が国では、研½I¶ã‚°ãƒ«ãƒ¼ãƒ—が時限的な研究貅R®ç²å¾—を懸命に½Iã¿é‡ã­ã¦ã¯é€æ¬¡æŠ•å…¥ã—て原資とするケヹ{‚¹ãŒæ•£è¦‹ã•ã‚Œã€ãã®ç²å¾—の成否が事業継¾Ešã‚’左右する。回½{”協力を得るにも、事業期間が不明¼„ºã§ã‚るのは不都合との指摘もあるã€?/p>

 家計パネル調柅R¯å®Ÿè¨¼ç ”究の重要な基盤である。困難を乗り­‘Šãˆã¦ã“れを¾E™ç¶šãƒÈ™ºå±•ã•ã›ã¦ã„くためには、国民からの理解と支持がますます‹Æ ã‹ã›ãªã„であろう。調柅R®æœ‰ç”¨æ€§ã‚„研究成果について、専門家は½C¾ä¼šã¸ã®æƒ…å ±ç™ÞZ¿¡ã«ä¸€å±¤åŠªã‚ã¦ã„かなければならないと、自戒を边{‚ã¤ã¤æ€ã†ã€?/p>

【略歴ã€?/p>

 深堀 遼太éƒ?ãüc‹ã…R‚Šãƒ…R‚Šã‚‡ã†ãŸã‚ã? 中京大学¾iŒæ¸ˆå­¦éƒ¨å‡†æ•™æŽˆã€?br /> 慶應¾Ÿ©å¡¾å¤§å­¦å¤§å­¦é™¢å•†å­¦ç ”½I¶ç§‘後期博士課程単位取得退学ã€?br /> 博士åQˆå•†å­?ã€?br /> 労働¾iŒæ¸ˆå­¦ã€?br /> 1987òq´ç”Ÿã¾ã‚Œã€?/p>

  

]]>
高éŞドライバの運転支æ?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/2021/10/019929.html" /> <id>tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19929</id> <published>2021-10-04T04:34:29Z</published> <updated>2021-10-15T00:17:30Z</updated> <summary> 藤掛 和広 心理学部ž®‚ä“Q­‹›å¸«  高éŞドライバが死傗÷™ã‚‹äº‹æ•…äšg数が増大し、また高...</summary> <author> <name>広報部編集è€?/name> </author> <category term="トピックã‚? scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/"> <![CDATA[<table border="0" style="float: right; width: 148px; height: 201px;"> <tbody> <tr> <td><img alt="藤掛先生 ™å”写çœ?JPG" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/248af34f45f2822efde410be5f496a70_1.jpg" width="148" height="188" /></td> </tr> <tr> <td style="text-align: center;"><strong><span style="font-size: x-small;">藤掛 和広 心理学部ž®‚ä“Q­‹›å¸«</span></strong></td> </tr> </tbody> </table> <p> 高éŞドライバが死傗÷™ã‚‹äº‹æ•…äšg数が増大し、また高齢ドライバが加害者となる事故も多く見られる。このことから、高齢ドライバのæ­Õd‚·äº‹æ•…予防は、重要な課題であるといえるã€?/p> <p> 高éŞドライバの事故予阌Ӂ«ã¯ã€å¤šãã®ç ”究や取り組ãÑŒãªã•ã‚Œã¦ã„る。そのひとつに、ドライバエヹ{‚¸ã‚§ãƒ³ãƒˆã‚·ã‚Vƒ†ãƒ ã«ã‚ˆã‚‹é‹è»¢è¡Œå‹•æ”¹å–„の研½I¶ãŒæŒ™ã’られる。ドライバエヹ{‚¸ã‚§ãƒ³ãƒˆã‚·ã‚Vƒ†ãƒ ã¨ã¯ã€ã‚¹ãƒžãƒ¼ãƒˆãƒ•ã‚©ãƒ³ã€ãƒ­ãƒœãƒƒãƒˆã€ã‚¯ãƒ©ã‚¦ãƒ‰ãŒé€£å‹•ã—、安全な運転への改善をサポートするシわVƒ†ãƒ ã§ã‚る。このシわVƒ†ãƒ ã¯ã€é‹è»¢ä¸­ã«ä¸€æ™‚停止交差点での停止を促したり、速度­‘…過を「それとなく」指摘したりするŠ™Ÿèƒ½ã‚’有している。また、運転後に安全だった場面や危険だった場面を映像記錌Ӂ§¼„ø™ªã§ãã‚‹æ©Ÿèƒ½ã‚‚有している。そして、それらの機能については、市販されているゟ냟ュニケー゗÷ƒ§ãƒŸëƒ­ãƒœãƒƒãƒˆãŒæ¡ˆå†…や解説をするåQˆå†™çœŸå‚照)ã€?/p> <p> ここで、自分自íw«ã®é‹è»¢ã«ã¤ã„て、家族や友ähから何か­a€ã‚ã‚Œã‚‹çŠ¶æ³ã‚’惛_ƒã—てãÑ¦‹ÆŒÓ—い。例えば「ハミ냉ル操作」「ブレーキのã‚ѝ‚¤ãƒŸãƒ³ã‚°ã€ã‚„「今の運転は危なかった」などである。もし、そのようなことを言われたら、多くの人は不快に思いったり、大きなお節介だと感じたりするだろう。しかし、ロボットや自動車自体に­a€ã‚ã‚Œã‚‹ãªã‚‰å—け入れられるという意見が、高齢ドライバから多く示されている。ロボットや自動車自体なら受け入れられる理由としては、客観的な評価であると感じられる炏V‚„人間のようにその時の気分で指摘していないと感じる炏VŒå½±éŸ¿ã—ている。つまり、äh間からの助言を受け入れない高齢ドライバであっても、ロボットをä½Ñ£ã¦ã‚µãƒãƒ¼ãƒˆã‚’することで受け入れてもらえ、サポートのåŠÒŽžœãŒé«˜ã¾ã‚‹ã“ととなる。このシわVƒ†ãƒ ã¯ã€ãã®ã‚ˆã†ãªäººé–“の特徴を利用しているã€?/p> <p> これまでの研½I¶ã§ã€ãƒ­ãƒœãƒƒãƒˆã‚’介して高齢ドライバ自íw«ã®å¿ƒèínŠ™Ÿèƒ½ã®ä½Žä¸‹ã‚„不安全な運転行動の自å·Þpªè­˜ã‚’促すことで、より安全な運転行動に改善する効果が明らかになっている。また、ロボットが同乗することで、他者が一¾R’に自動車に乗っている時と同様に安全な運転を心がけるようになる同乗者効果も認められている。さらに、公道での実験にて、運転の邪魔にならないことや、利用者の運転é Õdº¦ã‚„運転距離を増加させる外å‡ÞZ¿ƒé€ŒÓ®åŠÒŽžœãŒã‚ることが明らかになっているã€?/p> <p> ドライバエージェミ냈゗÷‚¹ãƒ†ãƒ ã¯ã€åå¤å±‹å¤§å­¦ã¨ä¸­äº¬å¤§å­¦ã®ç ”究者に加え、名古屋大学発ベミ냁ャーであるポットわVƒãƒ«ãŒå…±åŒã§é–‹ç™ºç ”½I¶ã‚’推逌Ӂ—ている。この研½I¶ã¯ã€å…¬é“での幅広い利用者での検­a¹{‚’開始し、今後高齢ドライバを含む交通場面での事故予阌Ӂ«è²¢çŒ®ã™ã‚‹ã¨ã„えるã€?/p> <table border="0" style="width: 266px; height: 199px;"> <tbody> <tr> <td><img alt="藤掛先生 掲載用写çœ?jpg" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/9ddb168d5e1a3c7b011eef0eaaa66723.jpg" width="277" height="188" /></td> </tr> </tbody> </table> <p></p> <p>【略歴ã€?/p> <p> 藤掛 和広(ãüc˜ã‹ã‘ヅR‹ãšã²ã‚? 中京大学心理学部ž®‚ä“Q­‹›å¸«<br /> 名古屋大学大学院情報¿U‘学研究¿U‘修了。博士(情報¿U‘学、名古屋大学åQ‰ã€?br /> 人間工学ãƒÈ”£æ¥­å¿ƒç†å­¦<br /> åQ‘ï¼™åQ—ï¼—òq´ç”Ÿã¾ã‚Œ</p> <p>  </p>]]> </content> </entry> <entry> <title>­a€èªžã¨éžè¨€èªžã®ç›¸è£œçš„é–¢ä¿?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/2021/09/019837.html" /> <id>tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19837</id> <published>2021-09-24T06:21:41Z</published> <updated>2021-09-29T03:22:16Z</updated> <summary> 馬場 史æÓ| 心理学部教授  昨年からのコロナ¼›ã§ã¯ãƒ†ãƒ¬ãƒ¯ãƒ¹{‚¯ãŒæŽ¨å¥¨ã•ã‚Œã€å¤§å­¦ã®...</summary> <author> <name>広報部編集è€?/name> </author> <category term="トピックã‚? scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/"> <![CDATA[<table border="0" style="float: right; width: 136px; height: 191px;"> <tbody> <tr> <td><img alt="馬場先生 ™å”写çœ?jpg" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/52dbbb759715bc6a864180c10d80eb99_1.jpg" width="125" height="154" /></td> </tr> <tr> <td style="text-align: center;"><span style="font-size: x-small;"><strong>馬場 史æÓ| 心理学部教授</strong></span></td> </tr> </tbody> </table> <p> 昨年からのコロナ¼›ã§ã¯ãƒ†ãƒ¬ãƒ¯ãƒ¹{‚¯ãŒæŽ¨å¥¨ã•ã‚Œã€å¤§å­¦ã®ä¼šè­°ã‚„講¾Ÿ©ã§ã‚‚ビデオチャットを利用することが増えました。最初は違和感がありましたが、自然と参加者が大きく頷く、賛同の意味で拍手を送るなどの工夫が始まり、対面よりも相手の様子がよく見えて、気持ちが伝わってくるという感想もありますã€?/p> <p> 相槌としての頗÷ã‚„表情、èín振り手振りは非言語的ゟ냟ュニケー゗÷ƒ§ãƒŸë¨å‘¹{°ã‚Œã‚‹ã‚‚ので、言葉のゟ냟ュニケー゗÷ƒ§ãƒŸë‚’補う大切な役剌ӁŒã‚ります。補うだけではなく、言葉よりも表情のほうが本当の気持ちを表していることも少なくありません。同僚に「仕事が大変そうだけど、大丈夫ですか」と声をかけたとしましょう。笑™å”で楽しそうに「大変です」と˜q”ってくれば、大変かもしれませんが大丈夫そうな気がします。逆に俯きがちに小さな声で「大丈夫です」と­a€ã‚ã‚Œã¦ã‚‚、「大丈夫じゃなさそうだね」と­a€è‘‰ã‚’¾E™ãã“とになるでしょう。私たちは会話での言葉を字義通りに受け取っているわけではなく、そのähのさまざまな表現を総合して判断していますã€?/p> <p> そして、時に相手の­a€è‘‰ã®æ„å‘³ãŒã€ç§ã®è€ƒãˆã¦ã„る意呟끨は異なることに気づかされます。私は言葉について考えるために、言葉から離れることが必要だとしãÑ˜ã¿æ€ã†ã‚ˆã†ã«ãªã‚Šã¾ã—た。突然ですが、みなさんは「信頹{€ã¨ã¯ã©ã®ã‚ˆã†ãªã‚‚のだと思いますか。色で表すと何色のイメージか、直覟끧選んでください。「信用し、頼れること」だと共通の理解があっても、色で表せばオレミ낸のような暖かいイメージや¾R‘のような落ち着いた安心感をイメヹ{‚¸ã™ã‚‹äººã‚‚います。徐々に‹Èƒããªã£ã¦ã„く赤のような弗÷„¾i†ã«å¤‰åŒ–するもの、逆に失えば白のように何も無くなってしまうもの、そのニュアミ낹は少しずつ異なっています。さらに、同じ色でもその人たちがイメヹ{‚¸ã—ている「信頹{€ã¯ç•°ãªã‚‹ã‹ã‚‚しれません。改めて­a€è‘‰ã«ã‚ˆã‚‹ãã®äººã®èª¬æ˜Žã«è€Ÿë‚’傾け、ようやくそのähの考えが理解できますã€?/p> <p> カウミ낻リングでは相手に共感することを大切にします。相手の気持ちを理解するために、もし自分が同じ立場だったらと想像しながら話を聴きます。同時に、私が想像した相手の気持ちはあくまでも私の想像であり、相手の気持ちがそうだとは限らない。また、相手と同じ気持ちになれない自分がいることを自覚するように教肌Ӂ•ã‚Œã¾ã™ã€‚当たり前のことですが、私と相手はこれまでの背景も¾iŒé¨“も異なり、完全に同じ考えのähなどいないのです。だからこそ、二人をつなぐコミュニケヹ{‚·ãƒ§ãƒ³ãŒå¤§åˆ‡ã§ã‚り、自分の意見と相手の意見を同じようにž®Šé‡ã™ã‚‹å§¿å‹¢ãŒå¿…要なのだと思います。それぞれ異なる個性を持つ人たちが集まり、言語的・非­a€èªžçš„ゟ냟ュニケー゗÷ƒ§ãƒŸë‚’駆ä‹Éして自由に議論できることが、仕事の創造性や発展性を高めるのではないでしょうかã€?/p> <p>【略歴ã€?/p> <p> 馬場 史æÓ|åQˆã°ã°ã—づ)中京大学心理学部教授<br /> 文教大学大学院äh間科学研½I¶ç§‘博士後期課程修了。博士(心理学)<br /> 臨床心理学ã€?/p> <p></p> <p></p>]]> </content> </entry> <entry> <title>ランダムドットによる両眼立体視 tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19834 2021-09-09T03:02:45Z 2021-09-09T00:28:35Z 鬢櫛 一夫 心理学部教授  ¿UãŸã¡ã®çœ¹{¯ã„つからあるのか、眼はどこでできたのã?.. 広報部編集è€?/name> b䘋゙䘝ク䘞シï½Óž²ä˜žï½µ 修正å¾?jpg 鬢櫛 一夫 心理学部教授

 ¿UãŸã¡ã®çœ¹{¯ã„つからあるのか、眼はどこでできたのだろうか。およそ五億òq´å‰ã«æ“v中で暮らす動物に眹{Œå‡ºç¾ã—たという。四六億òq´ã®åœ°çƒã®æ­´åŒÓ‹ã‚‰ã™ã‚‹ã¨ã€çœ¼ã®å‡ºç¾ã¯æ¯”較的最˜q‘のことである。æ“v中の植物により大気中の酸素が増え、大気が澄んで、太陽光がæ“vの中まで届いて、æ“v中が明るくなった。その結果、眼が出現し進化したようであるã€?/p>

動物に眼ができて三次元の½Iºé–“知覚が可能になると、運動能力が進化し、より速く動ける。æ“vの中での生存競争が盛んになり動物½E®ã®å¤šæ§˜åŒ–が促逌Ӂ•ã‚ŒãŸã€‚光と生物の進化の歴双Ӂ§ã‚ã‚‹ã€?/p>

 さて、五億年前から一気に五百òq´ã»ã©å‰ã®è©±ã«ãªã‚‹ã€‚ルネッã‚ücƒ³ã‚šw ƒã‹ã‚‰äººé–“は眼について深く考え、実験もしてきた。そのなかで、外界が三次元であるのに¾E²è†œåƒãŒäºŒæ¬¡å…ƒã§ã‚ることから、どうして三‹Æ¡å…ƒã®ä¸–界を知覚できるのかという大きな問™åŒãŒèªè­˜ã•ã‚ŒãŸã€‚レオナルドヅRƒ€ãƒ…Rƒ“ミ냁のようなç”Õd®¶ãŸã¡ã¯é ˜q‘法など、二‹Æ¡å…ƒ¾i는»ã‚’三‹Æ¡å…ƒã«è¦‹ã›ã‚‹æŠ€æ³•ã‚’開発してきたが、完全な三次元の再現ではなかった。まだ何かが­‘Ÿë‚Šãªã„のであるã€?/p>

 これについてケプラーは眼が二つあることに着目し、両çœÆD¦–による三‹Æ¡å…ƒçŸ¥è¦šã®å¯èƒ½æ€§ã‚’½Cºå”†ã—た。その後、一九世紀にイギリわV®ãƒ›ã‚¤ãƒ¹{ƒˆã‚VƒˆãƒŸëŒå·¦å³å¯‘Ö¿œã™ã‚‹åƒã‚’わずかに水åã^にずらした線甅R®ã‚Vƒ†ãƒ¬ã‚ªã‚°ãƒ©ãƒ ã‚’つくり、両çœÆD¦–差により鮮明な立体視が生じることを実­a¹{—た。今日のåQ“Ⅾの先駆けであるが、しかし話はこれだけでは済まなかったã€?/p>

 囟끫あるような左右眼用のランダムドットをよく見てほしい。この刺‹È€ã§ã¯å˜çœ¼ã§èªçŸ¥å¯èƒ½ãªãƒ‘タヹ{ƒ³ãŒå­˜åœ¨ã—ない。一九六〇年から、アメリカのユーレスはコミ냔ューã‚ѝ«ã‚ˆã‚Šç™½ã¨é»’のç”ȝ´ ã‚’ラミ냀ム化した各種のラミ냀ムドットヅR‚¹ãƒ†ãƒ¬ã‚ªã‚°ãƒ©ãƒ ã‚’作製した。はたして両çœÆD¦–覚系は白黒の輝度だけの対応づけで両眼視差を検出し、立体視することが可能だろうか。実際、立体視が可能であり、奥行の違いにより隠された領域のパタヹ{ƒ³ãŒèªçŸ¥ã§ããŸã€‚さらに¾E²è†œåƒã‹ã‚‰é«˜‹Æ¡ãƒ‘ã‚ѝƒ¼ãƒŒ™ªçŸ¥éŽ½E‹ã‚’除去することで、ミュラヹ{ƒªãƒ¤ãƒ¼éŒ¯è¦–など、一部の錯視が網膜より高‹Æ¡ã®ŒDµéšŽã§æˆç«‹ã™ã‚‹ãªã©ã‚‚わかったã€?/p>

 自然界には存在しない人工的なランダムドット実験で、äh間の未知の視覚能力が明らかになった。この視覚能力のおかげで、おそらくäh™åžã®¼œ–先の霊長類は、昆虫が艌ӂ„形でカモフラヹ{‚¸ãƒ¥ã—、木の樹皮に伹{›ã¦ã€è¦‹ã¤ã‹ã‚Šã«ãããªã£ã¦ã‚‚、両çœÆD¦–により樹皮からæÕQき上がって見える昆虫をつかまえることで生存に有利になったと推量されるã€?/p>
ランダムドットヅR‚¹ãƒ†ãƒ¬ã‚ªã‚°ãƒ©ãƒ  (1).JPG
ランダムドットヅR‚¹ãƒ†ãƒ¬ã‚ªã‚°ãƒ©ãƒ 

【略歴ã€?/p>

 鬢櫛 一å¤?た낓ぐしヅR‹ãšãŠ) 中京大学心理学部教授
 早稲田大学大学院文学研究¿U‘博士後期課½E‹æº€æœŸé€€å­¦ã€€åšå£«(文学)ã€?br /> 知覚心理学ã€?br /> åQ‘ï¼™åQ•ï¼’òq´ç”Ÿã¾ã‚Œã€?/p>

  

]]>
創造する作品は芸術のä±M値に一矟낒投じã‚?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/2021/08/019748.html" /> <id>tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19748</id> <published>2021-08-05T02:03:48Z</published> <updated>2021-08-05T01:13:41Z</updated> <summary> 大泉 和文 工学部教æŽ? ゟ냭ナ禍の状況が1òq´åŠã‚’超え、現在第åQ•æ‡Lの渦中にある...</summary> <author> <name>広報部編集è€?/name> </author> <category term="トピックã‚? scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/"> <![CDATA[<table border="0" style="float: right;"> <tbody> <tr> <td><img alt="hオオï½ÔŒ²ä˜žï¾ï½Óž²ä˜žï¾Œä˜?修正å¾?jpg" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/ce9a1b0ed19fba8334fcb0d9535a9ca4.jpg" width="178" height="216" /></td> </tr> <tr> <td style="text-align: center;"><span style="font-size: small;"><strong>大泉 和文 工学部教æŽ?/strong></span></td> </tr> </tbody> </table> <p> ゟ냭ナ禍の状況が1òq´åŠã‚’超え、現在第åQ•æ‡Lの渦中にある。ほã?00òq´å‰ã®ã‚¹ãƒšã‚¤ãƒ³é¢¨é‚ªæµè¡Œæ™‚、ウイルわV®å­˜åœ¨ã¯æœªã æŽ¨å®šæ®µéšŽã§ã‚り、電子顕微鏡もなく可視化もできなかった。その後の医療や生命工学の進歩発展は著しく、ウイルわV®å¤‰ç•°ã‚‚即座に把握可能となり、ワクチミ낂åQ‘å¹´¾iŒãŸãšã—て開発された。一斏V§ã€æ—¥ã€…の感染寄¡­–ã?00òq´å‰ã¨å¤‰ã‚ã‚‰ãšã€æ‰‹‹z—いヅRƒžã‚V‚¯ãƒÖMh‹¹æŠ‘制であり、終息までにはスペイン風邪と同等の期間を要すると思われるã€?/p> <p> この1òq´é–“、日常生‹z…R§ã¯ä¸è¦ä¸æ€¥ã®ç”¨äšgが抑制を求められた。その結果、経済の落ち边{¿ã¯ãƒªãƒ¹{ƒžãƒŸë‚·ãƒ§ãƒƒã‚¯ã‚’­‘…えて戦後最大となった。この事実はいかに多くの¾iŒæ¸ˆ‹zÕd‹•ãŒä¸è¦ä¸æ€¥ã®ä»¶ã§æˆç«‹ã—ているかを½Cºã—ている。その一つに芸術‹zÕd‹•ã‚‚含まれている。筆者が関係する視覚芸術の分野でも展覧会のåšg期や中止が相‹Æ¡ãŽã€è‡ªíw«ã‚‚影響を受けた。芸術家支援におけるドイツを始めとする欧¾cŸë®å¯‘Ö¿œã¨æ—¥æœ¬ã®ç›”R•ãŒè©±™åŒã¨ãªã£ãŸãŒã€ã“の差は社会における芸術のポジ゗÷ƒ§ãƒŸë‚’反映しているã€?/p> <p> 芸術はいつの時代も最新のテクノロジーを採用して表現方法を革新し、作品テヹ{ƒžã‚„芸術の枠組ãÑ®å¤‰é©ã®ç‚¹ã«ãŠã„ても、科学・技術の写像となってきた。今日メディア・アートと¿U°ã•ã‚Œã‚‹åˆ†é‡Žã¯ã€ãã®é»Žæ˜ŽæœŸã§ã‚ã‚?960òq´ä»£ã¯ã‚³ãƒŸëƒ”ュータïuアートと呹{°ã‚ŒãŸã€‚筆者は作品制作の傍ら、日本の初期ゟ냳ピュヹ{‚¿ãƒ…R‚¢ãƒ¹{ƒˆã‚’ç ”½I¶ã—てきたã€?/p> <p> 日本初のゟ냳ピュヹ{‚¿ãƒ…R‚°ãƒ©ãƒ•ã‚£ãƒƒã‚¯ã‚¹ãŒä½œã‚‰ã‚ŒãŸã®ãŒã€å‰å›žã®æ×ƒº¬ã‚ªãƒªãƒŸëƒ”ック開催ã?964òq´ã§ã‚り、作者は哲学者・¾ŸŽå­¦è€…の川野‹z‹ï¼ˆ1925ï½?012òqß_¼‰ã§ã‚った事実はあまり知られていない。川野は人の手による数点の作品をç”ȝ´ ã«åˆ†è§£ã—、マルコフ過½E‹ã«ã‚ˆã£ã¦å„ç”ȝ´ ã®å¤šé‡é€£çµã‚’ç®”­aˆçš„に分析し、遷¿Uȝ¢ºçŽ‡ãƒžãƒˆãƒªã‚¯ã‚¹ã‚’作成した。これにモンテカルロ法による乱数を適用し、新たな色情報を決定していくæ–ÒŽ³•ã§ã‚ったã€?/p> <p> 川野が最¾i‚的に目指した「KåQã‚·ã‚Vƒ†ãƒ ã€ã¯ã€ã‚³ãƒŸëƒ”ューã‚ѝŒä½œå“ã®åˆ¶ä½œã¨å…±ã«ãã®è©•ä±Mも行う「コミ냔ューã‚ѝ«ã‚ˆã‚‹ã‚Ÿëƒ³ãƒ”ュヹ{‚¿ã®ãŸã‚ã®èŠ¸è¡“」であり、このコミ냔ューã‚ѝ‚’AIに置き換えれば、まさに珑֜¨è­°è«–されている問™åŒã¨ãªã‚‹ã€‚川野の¾ŸŽå­¦çš„実è·üc¯äº‹å®Ÿä¸Šä¸­åº§ã—たが、その実現は珑֜¨ã«å¼•ãç¶™ãŒã‚ŒãŸå¤§ããªå®‰K¡Œã§ã‚ã‚‹ã€?/p> <p> 珑֜¨æ—¢ã«ã‚ã‚‹AI芸術は、既存作品の深層学習を経て、ヴァリエー゗÷ƒ§ãƒ›_±•é–‹ã™ã‚‹ç‚¹ã«ãŠã„て、川野が開発したフレヹ{ƒ å†…にある。違いはデータ数と解像度の差に過ぎない。もっともその中には、評価関数を実装する゗÷‚¹ãƒ†ãƒ ã‚‚あるが、それは人間が作ったアルゴリズムによる。AIが教師なくして自ら評価アルゴリズムを生みだした時、真のAI芸術が完成するã€?/p> <p> 先日、オミ냩インで開催された芸術とAIをåÙEるシミ냝ジウムを聴講した。美術と理工¾pȝ™»å£‡è€…の間にある最大のギャップは、定性的にしか定¾Ÿ©ã§ããªã„「芸術の価値」を共有できない炏V«ã‚った。「意識」を実装したAIが自ら創造し評ä±Mする作品は、美学のæ ÒŽœ¬å•é¡Œã§ã‚る芸術の価値に一矟낒投ずる。同時にそもそも人間とは何かを写す鏡となるであろうã€?/p> <p>【略歴ã€?/p> <p> おおいずãÑƒ»ã‹ãšãüc¿ã€‚現代美術、イミ낹ã‚ѝƒ¬ãƒ¹{‚·ãƒ§ãƒ³ãƒ…R‚¢ãƒ¹{ƒˆã€‚筑波大学大学院修士課程芸術研究¿U‘修了。博士(メディア¿U‘å­¦åQ‰ã€?964òq´ç”Ÿã¾ã‚Œã€?/p> <p><br /> </p>]]> </content> </entry> <entry> <title>未来を切り拓く半ž®Žä½“実装技è¡?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/2021/07/019667.html" /> <id>tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19667</id> <published>2021-07-05T01:35:40Z</published> <updated>2021-07-27T05:35:59Z</updated> <summary> å±×ƒ¸­ã€€å…¬åšã€€å·¥å­¦éƒ¨æ•™æŽ? è„Þq‚­ç´ ç¤¾ä¼šã«å‘けて、パワーエレクトロニクスåQˆãƒ‘ワエãƒ?..</summary> <author> <name>広報部編集è€?/name> </author> <category term="トピックã‚? scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/"> <![CDATA[<table border="0" style="float: right;"> <tbody> <tr> <td><img alt="h䘔マ䘅カï½øP¾ä˜‹ï¾› 修正å¾?jpg" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/a69d181f78d24ca6f9f9c7e23c1a8ba5_4.jpg" width="157" height="172" /></td> </tr> <tr> <td style="text-align: center;"><span style="font-size: small;"><strong>å±×ƒ¸­ã€€å…¬åšã€€å·¥å­¦éƒ¨æ•™æŽ?/strong></span></td> </tr> </tbody> </table> <p> è„Þq‚­ç´ ç¤¾ä¼šã«å‘けて、パワーエレクトロニクスåQˆãƒ‘ワエレ)が着目されている。自動車はガソリミ끋ら電気へ、発雅R¯å†ç”Ÿå¯èƒ½ã‚¨ãƒãƒ«ã‚®ã¸ã®¿U»è¡Œã‚’加速している。デジタル社会を支えるデヹ{‚¿ã‚…Rƒ³ã‚ѝƒ¼ã¯ã€ã‚°ãƒªãƒ¼ãƒŸë‚¨ãƒãƒ«ã‚®åŒ–を逌ӂã¦ã„る。パワエレはこれらの中核で働いているã€?/p> <p> パワエレと言えば、直‹¹ã‚’交流に変えるインバーã‚ѝ®ã‚¤ãƒ¡ãƒ¹{‚¸ãŒã‚る。しかし、その本質は、必要な時に必要なだけエネルギを供çàã—、シわVƒ†ãƒ å…¨ä½“のé›ÕdŠ›ã‚’最適化する、つまり、省エネすることである。要は、「電気はこまめに切りなさい」を、電子回路で実現する技術である。この重要なわV‚¤ãƒƒãƒã®å½¹å‰ŒÓ‚’担っているのが、パワー半導体であるã€?/p> <p> パワー半ž®Žä½“は、たとえばã€?0 mm角のž®ã•ãªã‚µã‚¤ã‚ºã§ã€?00 Aの大きなé›ÀLµã®ã‚ªãƒŸë‚ªãƒ•ãŒã§ãã‚‹ã€‚しかし、このスイッチ部分だけでは、製品にならない。製品化には、スイッチに信号用のé›ÀL°—配線をし、駆動用の電源供¾i¦é…¾Ršã‚’する。さらに、スイッチは、裸のままではなく外部環境(温湿度など)から保護し、ä‹Éうと熱くなるåQˆé›»åŠ›æå¤±ï¼‰ã®ã§å†·å´ã™ã‚‹ã€‚この4つのŠ™Ÿèƒ½ã‚’付加する技術を、半ž®Žä½“実装技術という。要は、半ž®Žä½“と実装技術でパワヹ{ƒ¢ã‚¸ãƒ¥ãƒ¹{ƒ«ã¨ã„う製品になるã€?/p> <p> たとえば、車載用パワヹ{ƒ¢ã‚¸ãƒ¥ãƒ¹{ƒ«ã«ã¯ã€å°åž‹åŒ–と同時に高出力化が求められている。搭乗者の居住性確保が、売上げに直¾iã™ã‚‹ã‹ã‚‰ã§ã‚‚あろう。このため、パワー半導体は、動作温度を高くし、高é›ÀLµå¯†åº¦ã®é›»‹¹ãŒã‚ªãƒ³ã‚ªãƒ•ã§ãã‚‹ã‚ˆã†é€²åŒ–している。高温動作できるので、冷却装¾|®ã¯ä¸è¦ã‹å°åž‹ã«ãªã‚‹ã€‚高é›ÀLµå¯†åº¦ã‚‚小型化につながる。ところが、高温になると、半ž®Žä½“接合用のはんだは溶けやすくなり、半ž®Žä½“とその搭載基杉K–“のストレわV¯å¤§ãããªã‚Šå‰²ã‚Œã‚„すくなる。また、樹脂のé›ÀL°—¾i¶ç¸æ€§ã¯æ‚ªããªã‚Šã€æ¨¹è„‚と金属の接着部分は剥がれやすくなる。この解決に産学官連携で取り組ãÑ€ãƒ‘ワエレの信頼性確保のカギとなる実装技術の実現を目指しているã€?/p> <p> そんな中、当研究室では、はんだ接合部におけるエレクトロマイグレヹ{‚·ãƒ§ãƒ³åQˆEMåQ‰ã®ç ”究を行っている。EMとは、流れているé›Õd­åQˆã‚¨ãƒ¬ã‚¯ãƒˆãƒ­ãƒ»I¼‰ãŒã€ã¯ã‚“だ接合部の金属原子に衝½Hã—、その原子を輔R€ã™ã‚‹ï¼ˆãƒžã‚¤ã‚°ãƒ¬ãƒ¹{‚·ãƒ§ãƒ³åQ‰ç¾è±¡ã§ã‚る。最¾i‚的に、原子が輔R€ã•ã‚Œã¦æ¸›å°‘する領域に、断¾Ršæ•…障が発生する信頼性問™åŒã§ã‚る。高温・高電‹¹å¯†åº¦ã§ç™ºç”Ÿã—やすく、今後のパワヹ{ƒ¢ã‚¸ãƒ¥ãƒ¹{ƒ«ã®èª²™åŒã§ã‚る。接合部の構造や材料を変えながら、信頼性を¼„ÞZ¿ã—た、安心安全を担保するéüc¨ãªã‚‹æŽ¥åˆéƒ¨ã®å‰‰|ˆã‚’目指している。なお、次世代脟낳ミ냔ューã‚ѝ«ã‚‚、EMが問™åŒã¨ã—て懸念されているã€?/p> <p> さて、現在のパワー半ž®Žä½“も実装技術も、日本が新しいä±M値を創造し、リヹ{ƒ‰ã—てきた。「凡そ鐘の声は黄鐘調なるくV—」(徒然草第220ŒDµï¼‰ã¨è¨€ã‚ã‚Œã‚‹ã€‚今後も「凡そパワエレは日本なるくV—」と­a€ã‚ã‚Œã‚‹ã‚ˆã†ã€æœªæ¥ã‚’切り拓く半導体実装技術の実現に、微力ながら貢献していきたいã€?/p> <p>【略歴ã€?/p> <p> å±×ƒ¸­ã€€å…¬åšåQˆã‚„まなかきãÑ²ã‚ï¼‰ä¸­äº¬å¤§å­¦å·¥å­¦éƒ¨æ•™æŽ?br /> 大阪大学大学院工学研½I¶ç§‘博士後期課程修了、博士(工学åQ?br /> é›Õd­å·¥å­¦ã€ææ–™å·¥å­?br /> </p>]]> </content> </entry> <entry> <title>生物模倣材料製造プロセã‚?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/2021/06/019629.html" /> <id>tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19629</id> <published>2021-06-30T02:03:35Z</published> <updated>2021-06-30T04:42:25Z</updated> <summary> 野浪 äº?教授  ろくろを回して器を作る。焼成にã?300℃程度の高温が必要で...</summary> <author> <name>広報部編集è€?/name> </author> <category term="トピックã‚? scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/"> <![CDATA[<table border="0" style="float: right;"> <tbody> <tr> <td><img alt="野浪先生™å”写çœ?jpg" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/0ef4162f0d1f99a61f99b4726fcad706_3.jpg" width="151" height="200" /></td> </tr> <tr> <td style="text-align: center;"><span style="font-size: small;"><strong>野浪 äº?教授</strong></span></td> </tr> </tbody> </table> <p> ろくろを回して器を作る。焼成にã?300℃程度の高温が必要である。焼成は陶磁器などセラミックわV®é€šå¸¸ã®è£½é€ å·¥½E‹ã§ã‚る。一斏V€å¸¸ã?7℃程度で中性の環境下である¿UãŸã¡ã®ä½“の中でも、セラミックわV§ã‚るアパã‚ѝ‚¤ãƒˆã¯éª¨ã‚„歯として生成している。アパタイトなどのセラミックわV‚’人工的に合成しようとすると,高温や高圧などの適切な条件が必要であるã€?/p> <p> ハスの葉の表面の微細構造が撥水技術にåQŒè¶ã®ç¾½ã®æ§‹é€ ãŒç™ø™‰²æŠ€è¡“にåQŒã‚«ã‚ѝƒ„ムリの殻が汚れの落ちやすい徏材などに応用されている。これらはいずれも,生物が環境に調和するために長い時間をä½Ñ£ã¦ä¼šå¾—した優れたŠ™Ÿèƒ½ã‚„構造を模倣して工業製品の形や材料の開発に利用したものである。生体模倣と呹{³åQŒæ—¢ã«æˆ‘々の生活に広く浸透しているã€?/p> <p> 一斏V€ã‚»ãƒ«ãƒ•ãƒ¢ãƒ‡ãƒªãƒ³ã‚ŽÍ¼ˆè‡ªå·±¾i„織化)とはåQŒã‚る系が自律的に秩序をもった構造を生み出す現象のことである。たとえぎͼŒåŽŸå­ãŒè¦å‰‡çš„に並んで¾iæ™¶ã‚’åŞ成する,分子が自然に集まって複雑なåŞを有する構造を構築する½{‰ã§ã‚る。水晶の¾iæ™¶ãŒã„つも同じ六角æŸÞqŠ¶ã‚’呈することや,雪の¾iæ™¶ãŒå¹¾ä½•å­¦çš„に¾ŸŽã—いåŞ状を有しているのもセルフモデリングの¾iæžœã¨è€ƒãˆã‚‹ã“とができる。セルフモデリングは工学でも¾iæ™¶ã®è£½é€ ã‚„単分子膜åQŒãƒãƒ¹{ƒ©ã‚ÒŽæ–™ã®ä½œè£½ãªã©ã«åˆ©ç”¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ã€?/p> <p> アパã‚ѝ‚¤ãƒˆã¯åQŒã‚»ãƒ«ãƒ•ãƒ¢ãƒ‡ãƒªãƒ³ã‚°ã‚’利用した生体模倣製造プロセわV§ã®åˆæˆãŒå¯èƒ½ã§ã‚る。約37℃、中性に保った、ähの体涌Ӂ¨ã‚ˆãä¼¹{Ÿ¾i„成の擬ä¼ég½“液中で、原子のゅRƒ«ãƒ•ãƒ¢ãƒ‡ãƒªãƒŸë‚°ã‚’うながすように環境を整えることにより、アパタイトの結晶を析出させ、成镗÷•ã›ã‚‹ã€‚生体を模倣しているのだから、原料、排出物åQŒè£½å“ã¯å®‰å…¨ç„¡å®³ã§ã‚る。さらにåQŒã‚¨ãƒãƒ«ã‚®ãƒ¼ä½¿ç”¨é‡ã‚‚ž®‘ないã€?/p> <p> アパã‚ѝ‚¤ãƒˆã®åˆæˆã¨åŒæ™‚に他の材料と複合化することも可能である。擬ä¼ég½“涌Ӂ«åQŒå…‰è§¦åª’である酸化チã‚ѝƒ³ã‚’浸漬するとåQ?時間½E‹åº¦ã§è¡¨é¢ã«å¾®ç´°ãªçµæ™¶ãŒæžå‡ºã™ã‚‹ã€‚この複合化により光触媒‹zÀL€§ã¯å‘上し、応用範囌ӂ‚広がり、抗菌、抗ウイルス材料や防汚、消臭材料として利用されているã€?/p> <p> 生物¾i„織を構成する材料は有機材料åQˆé«˜åˆ†å­ææ–™åQ‰ã¨ã‚…Rƒ©ãƒŸãƒƒã‚¯ã‚¹ã®è¤‡åˆææ–™ã§ã‚る場合が多い。しかもそれらは常温ãƒÕd¸¸åœ§ã®ã€€ã€Œã‚½ãƒ•ãƒˆã€ãªæ¡äšg下で合成されている。工業的にも高分子材料とゅRƒ©ãƒŸãƒƒã‚¯ã‚¹ã®è¤‡åˆåŒ–は検­aŽã•ã‚Œã¦ã„るが、それは水と沏V‚’複合化するようなもので高度な技術を要する。すなわち,バイオミメティック製造プロセわV¯ä»Šå¾Œã‚…Rƒ©ãƒŸãƒƒã‚¯ã‚¹ã¨æœ‰Š™Ÿææ–™ã¨ã®è¤‡åˆåŒ–にも重要な役剌ӂ’果たすであろうã€?/p> <p> 生体を模倣した環境にやさしい材料製造プロセわV¯çœã‚¨ãƒãƒ«ã‚®ãƒ¼ã§ä½Žã‚Ÿë‚¹ãƒˆãªæ–°ã—い製造プロセわV§ã‚る。従来のゅRƒ©ãƒŸãƒƒã‚¯ã‚¹ã®è£½é€ ãƒ—ロセわV¯é«˜æ¸©ã‚‚しくは高圧を必要とし,エネルギー消è²Õdž‹ã§ã‚り炭酸ガわV®æŽ’出量も多い。バイオミメティック製造プロセわV¯ä»–のゅRƒ©ãƒŸãƒƒã‚¯ã‚¹ã®è£½é€ ã¸ã¨å±•é–‹ã™ã‚‹å¯èƒ½æ€§ãŒã‚ã‚‹ã€?/p> <p>【略歴ã€?/p> <p> 野浪 亨(のなãÑ¨ãŠã‚‹åQ‰ä¸­äº¬å¤§å­¦å·¥å­¦éƒ¨æ•™æŽˆ<br /> 名古屋工業大学大学院工学研究¿U‘修士課½E‹ä¿®äº†ã€‚博士(工学åQ?br /> ゅRƒ©ãƒŸãƒƒã‚¯ã‚¹<br /> 1959òq´ç”Ÿã¾ã‚Œ</p>]]> </content> </entry> <entry> <title>「国のかたち」を考えã‚?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/2021/06/019582.html" /> <id>tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19582</id> <published>2021-06-08T06:36:15Z</published> <updated>2021-06-08T07:11:57Z</updated> <summary> òqŒ™‰¯ã€€å¥½åˆ© 准教æŽ? 沖縄県は来年、日本復帎ͼ•åQå‘¨òq´ã‚’˜qŽãˆã‚‹ã€‚米軍箔沅R‹ã‚‰è„±ã?..</summary> <author> <name>広報部編集è€?/name> </author> <category term="トピックã‚? scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/"> <![CDATA[<table border="0" style="float: right; width: 190px; height: 237px;"> <tbody> <tr> <td><img alt="HP写真.jpg" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/a14061114b658713f8f4d6b600a7bc96_3.jpg" width="184" height="201" /></td> </tr> <tr> <td style="text-align: center;"><span style="font-size: small;"><strong>òqŒ™‰¯ã€€å¥½åˆ© 准教æŽ?/strong></span></td> </tr> </tbody> </table> <p class="MsoNormal"> 沖縄県は来年、日本復帎ͼ•åQå‘¨òq´ã‚’˜qŽãˆã‚‹ã€‚米軍箔沅R‹ã‚‰è„±ã—て日本へと復帰したのがåQ‘ï¼™åQ—ï¼’òqß_¼•æœˆï¼‘åQ•æ—¥ãªã®ã§ã€ã‚れから実に半世紀が経とうとしているã€?/p> <p class="MsoNormal"> その沖縄県の抱える最大の問題は、いうまでもなく¾cŒ™»åŸºåœ°ã®å•™åŒã ã€‚国土面½Iã®åƒ…かåQãƒ»åQ–%の同県に在日¾cŒ™»åŸºåœ°åQˆå°‚用施­a­ï¼‰ã®ç´„åQ—0åQ…が集中しているという問™åŒã€‚またその広大な¾cŒ™»åŸºåœ°ã‚るがゆえに生じるさまざまな問題、たとえば米軍関連の事äšgãƒÖMº‹æ•…、騒韟뀁環境汚染などがそうだ。なかでも四半世紀にわたっていまだ解決していないのが、普天間基地の移­a­å•™åŒã§ã‚ã‚‹ã€?/p> <p class="MsoNormal"> こうした沖縄の米軍基地問™åŒã¯ã€ã‚„やもすると一地域の問™åŒã¨ã—て理解されがちな面もあるが、実は日本の安全保障政策に直¾iã™ã‚‹å•™åŒã§ã‚り、ひいては「国のかたち」そのものにかかわる重要問題なのだã€?/p> <p class="MsoNormal"> そもそも日本の安全保障政½{–の柱となっているものは何か。いうまでもなく「日¾c›_Œç›Ÿã€ã ã€‚そしてその基盤となっている条約が、日¾c›_®‰ä¿æ¡ç´„であるã€?/p> <p class="MsoNormal"> ではこの日米安保条約の本質は何か。旧条約の作成に携わった外務省の西村熊雄条約局镗÷«ã‚ˆã‚Œã°ã€ãã®æœ¬è³ªã¨ã¯ã€Œç‰©ã¨ähとの協力」(物と人との交換)である。すなわち、日本が¾c›_›½ã«åŸºåœŽÍ¼ˆç‰©ï¼‰ã‚’提供し、米国は日本に軍隊(人)を提供する、言い換えれば日本は¾c›_›½ã«åŸºåœ°ã‚’提供することと引き換えに日本有事の際には¾c›_›½ã«å®ˆã£ã¦ã‚‚らう、というのが同条約の本質であるã€?/p> <p class="MsoNormal"> もちろん、日本が¾c›_›½æœ‰äº‹ã®éš›ã«ähåQˆè‡ªè¡›éšŠåQ‰ã‚’提供できないのは、日本国憲法½W¬ä¹æ¡ã«ã‚ˆã£ã¦é›†å›£çš„自衛権の全面的行ä½ÑŒèªã‚ã‚‰ã‚Œã¦ã„ないからだã€?/p> <p class="MsoNormal"> では、その日本が提供しなければならない米軍基地の大部分はどこにあるか。先˜q°ã—たように、沖¾^„県にある。その現実をítã¾ãˆã¦å‰æ²–¾^„県知事の翁長雄志は、次のような「根源的な問い」を本土に住む我々に提è“vしている。「いったい沖¾^„が日本に甘えているんですか。それとも日本が沖縄に甘えているんですか」ã€?/p> <p class="MsoNormal"> この¾˜é•·ã®ã‚¹ãƒˆãƒ¬ãƒ¹{ƒˆãªå•ã„は、本土に住む我々には見えにくかった、いや見ることをéÑ‘てきた戦後日本の安全保障政策の実態をえぐり出したものだ。よって、その現実と向き合うことなく「日¾c›_Œç›Ÿã€ãªã„し日本の安全保障について語るのは、基地提供の多くを負担してきた沖¾^„県からすれば、実にリアリティのないものに映るのであるã€?/p> <p class="MsoNormal"> また一斏V§¾˜é•·ã¯ã€æ†²æ³•ç¬¬ä¹æ¡ã«ã‚ˆã£ã¦æ—¥æœ¬ã®å®‰å…¨ãŒä¿ãŸã‚Œã¦ããŸã¨ã™ã‚‹è­·æ†²æ´¾ã‚’も原끗く批判している。「復帰後も沖¾^„に過重な基地を負担させている中で、憲法九条で守られているとか、戦争をしないとか言う。å‰ò惟낄虚構に国民が安住してしまっている」ã€?/p> <p class="MsoNormal"> つまり、沖¾^„の過重な基地負担の解消に本格的に向き合わないままその現状に「安住」している両斏V®ã‚り斏V‚’、翁镗÷¯ã¨ã‚‚に批判したわけだã€?/p> <p class="MsoNormal"> さて、沖¾^„県が日本復帎ͼ•åQå‘¨òq´ã‚’˜qŽãˆã‚ˆã†ã¨ã—ている今、我々は同県から提è“vされるこの根源的な問いに、どう答えていけばよいのだろうかã€?/p> <p></p> <p class="MsoNormal"><span lang="EN-US"> 【略歴ã€?br /></span> òqŒ™‰¯ã€€å¥½åˆ©åQˆãŸã„らヅR‚ˆã—とし)中京大学¾Råˆæ”¿ç­–学部准教æŽ?br /> 法政大学大学院社会科学研½I¶ç§‘博士後期課程修了。博士(政治学)<br /> 日本政治外交å?br /> åQ‘ï¼™åQ—ï¼’òq´ç”Ÿã¾ã‚Œ</p> <p class="MsoNormal"><span style="font-family: 'åQ­ï¼³ 明朝',serif;"></span></p>]]> </content> </entry> <entry> <title>‹¹·å¤–生産拠点の現åœîCh財育æˆ?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/2021/05/019474.html" /> <id>tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19474</id> <published>2021-05-13T02:00:25Z</published> <updated>2021-05-13T02:09:59Z</updated> <summary> 弘中 史子 教授  ½{†è€…はこれまで、東南アジアを中心に中小製造業のグローバルåŒ?..</summary> <author> <name>広報部編集è€?/name> </author> <category term="トピックã‚? scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/"> <![CDATA[<table border="0" style="float: right;"> <tbody> <tr> <td><img alt="20210208弘中.jpg" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/7f458f428755e4fd984b9b58c713937e.jpg" width="164" height="161" /></td> </tr> <tr> <td style="text-align: center;"><span style="font-size: small;"><strong>弘中 史子 教授</strong></span></td> </tr> </tbody> </table> <p> ½{†è€…はこれまで、東南アジアを中心に中小製造業のグローバル化を調査してきた。コロナ¼›ã§æ™¯æ³ã«ä¸é€æ˜Žæ„ŸãŒå‡ºã¦ã„るとはいえ、国内の成熟化を考えるならば、中ž®ä¼æ¥­ã®‹¹·å¤–生産は長期的にはますます盛んになるであろうã€?/p> <p> ‹¹·å¤–生産拠点の成否を左右する一つが、現地従業員の育成であることは言うまでもない。しかし­a€èªžã‚„文化が異なる中で、現地従業員を育成するのは並大抵のことではない。日本では、生産現場で時間をかけて技能を修得していく。しかし‹¹·å¤–では転職が頻¾Jãªã“とが多く、せっかく育成しても定着しないことも多いã€?/p> <p> このような厳しい条äšgにありながら、独自の工夫をして、æ“v外生産を成功させている中ž®ä¼æ¥­ãŒã‚る。愛知県西尾市にある大野¾_‘Ö·¥æ ªå¼ä¼šç¤¾ã‚‚その一つである。同½C¾ã¯­‘…精密加工と試作開発を得意としておりã€?012òq´ã«ãƒ™ãƒˆãƒŠãƒ ã§æ“v外生産にのりだした。同½C¾ã®å¼—÷¿ã®ä¸€ã¤ãŒã€Œãƒ™ãƒˆãƒŠãƒ æ‹ ç‚V§æ—¥æœ¬æœ¬ç¤¾ã¨å¤‰ã‚ã‚‰ãªã„品質を実現していること」で、その背景には現地従業員の活íwãŒã‚ã‚‹ã€?/p> <p> 同社では、これまでベトナムähを中心に多くの技能実¾˜’生を受け入れ、教肌Ӂ«åŠ›ã‚’いれてきた。社内の掲示æÑ¯ã™ã¹ã¦æ—¥æœ¬èªžãƒ…Rƒ™ãƒˆãƒŠãƒ èªžã§ä½µ­a˜ã•ã‚Œã¦ãŠã‚Šã€åŠ å·¥ã«é–¢ã‚ã‚‹å°ˆé–€ç”¨èªž½{‰ã«ã¤ã„ても、ベトナム語で資料が完備されている。つまり、来日直後で日本語が不自由でも、技能を学ぶことができるのである。社内に日本のæ˜O甅R‚„DVDをおくスペーわV‚’­a­ã‘るなど、日本語の修得も½Iæ¥µçš„に支援しているã€?/p> <p> こうして3òq´é–“、充実した研修を受けた技能実¾˜’生が、帰国後に同½C¾ã®ãƒ™ãƒˆãƒŠãƒ æ‹ ç‚¹ã«å…¥½C¾ã—、活íwã—ている。彼ãƒÕd½¼å¥ŸëŸã¡ã¯æŠ€èƒ½ã‚’修得しているだけでなく、日本のものづくりの仕組ãÑ‚‚理解しており、それを部下たちに指ž®Žã§ãã‚‹ã€‚こうしたäh材がベトナム拠点の生産現場を支えているのであるから、ベトナムで高い品質を実現できるのもうなずけるã€?/p> <p> 今後、同½C¾ã¯ã•ã‚‰ã«äh財育成の仕組ãÑ‚’進化させ、ベトナム拠炏V§æŽ¡ç”¨ã—てリーダヹ{‚¯ãƒ©ã‚¹ã«æ˜‡é€ŒÓ—た従業員を転¾cã¨ã„う形で日本本社に転勤してもらい、日本でトレヹ{ƒ‹ãƒŸë‚°ã™ã‚‹ã‚±ãƒ¼ã‚V‚’増やしていきたいという。本½C„¡¤¾å“¡ã«å›ŒÓ¾ã‚Œã‚‹ç’°å¢ƒã§ã€ç”Ÿç”£æ€§å‘上やカイス{ƒ³ãªã©ã‚’学ぶことで、さらに珑֜°ã®ã‚‚のづくりのレベルを向上させられるからだというã€?/p> <p> これまで、日本の中小企業は、æ“v外進出後に珑֜°å¾“業員を採用し、日本äh駐在½Ž¡ç†è€…が何年間もかけて、育成するというメソッドをとることが多かった。しかし国内でäh財を育成し、現地拠炏V§åƒã„てもらうということで、より高い効果が期待できる。特にã€?Sや安全、時間厳守といった規律に加えて、カイゼミ낄生産性向上という日本のものづくりの根òqV‚’なすマイミ냉が醸成できるという点は注目に値する。中ž®ä¼æ¥­ãªã‚‰ã§ã¯ã®Š™Ÿå‹•åŠ›ã‚’‹z…R‹ã—た試みであり、新たなメソッドといえようã€?/p> <p>【略歴ã€?br />弘中史子åQˆã²ã‚ãªã‹ãƒ»ã¡ã‹ã“)中京大学¾Råˆæ”¿ç­–学部教授<br />名古屋大学大学院¾iŒæ¸ˆå­¦ç ”½I¶ç§‘博士後期課程修了。博士(¾iŒæ¸ˆå­¦ï¼‰<br />中小企業è«?/p>]]> </content> </entry> <entry> <title>RCEP離脱のイミ냉 tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19411 2021-04-23T03:21:58Z 2021-04-23T03:32:53Z æº?和敏 准教æŽ? 4æœ?日、衆議院本会議で「地域的な包括的¾iŒæ¸ˆé€£æºã€ï¼ˆRCE... 広報部編集è€?/name> HP溜准教授™å”写çœ?jpg æº?和敏 准教æŽ?/strong>

 4æœ?日、衆議院本会議で「地域的な包括的¾iŒæ¸ˆé€£æºã€ï¼ˆRCEPåQ‰ã®æ‰¿èªæ¡ˆãŒå¯©è­°å…¥ã‚Šã—た。RCEPは中国、韓国、豪州、東南アジア諸国連合åQˆASEANåQ‰å„国なã?5ヶ国の参加する一大経済圏として、今òq´å¹´æœ«ä»¥é™ã«ç™ø™ƒöする見込ãÑ¨ãªã£ã¦ã„ã‚‹ã€?/p>

 当初はASEANåQ?ã?6ヶ国で交渉を開始したが、イミ냉が最¾i‚段階の2019òq?1月に離脱した。イミ냉離脱の理由は、脆弱な国内製造業への打撃や貿易赤字の拡大が懸å¿üc•ã‚Œã€åå¯ùN‹å‹•ã‚‚èµ—÷ã¦ã„たことであった。イミ냉の貿易赤字のç´?分の2はRCEP参加予定国との間で生じており、特に中国は全体の約4剌ӂ’占めていたã€?/p>

 インド離脱の一報に触れたとき、「いかにもイミ냉らしい」と½{†è€…は受け止めた。イミ냉外交は、孤立や関係悪化を厭わないå”D気の姿勢で知られる。最たる例は、包括的核実験禁止条約(CTBTåQ‰ã§ã‚ろう。ジュネヹ{ƒ–軍縮会議での­aŽè­°ã¯ã‚¤ãƒŸëƒ‰ã®åå¯¾ã®ãŸã‚ã«ã¾ã¨ã¾ã‚‰ãšã€å›½é€£ç·ä¼šã«å ´ã‚’¿U…R—ã?996òq´ã«æŽ¡æŠžã•ã‚ŒãŸï¼ˆæœªç™ºåŠ¹ï¼‰ã€‚当時のインドは、アメリカ主ž®Žã®æ ¸è»¾^®ãƒ»ä¸æ‹¡æ•£ã®å–ã‚Š¾i„みに刃向かう国の筆頭でありã€?998òq´ã®æ ¸å®Ÿé¨“にも国際的な潮‹¹ã¸ã®æŠµæŠ—という側面があったã€?/p>

 話をRCEPに戻そう。はたして、イミ냉がRCEPに加わる可能性はあるだろうか。交渉離脱当初はインド国内でも参加をä¸Õd¼µã™ã‚‹è«–評も見られたが、以後の動向を見ると、参加の可能性は低くなっているã€?/p>

 ½W¬ä¸€ã«ã€ã‚³ãƒ­ãƒŠ¼›ã‹ã‚‰ã®å¾©èˆˆ½{–の柱として、昨òq?月に新経済政½{–「自立したイミ냉」がç™ø™¡¨ã•ã‚ŒãŸã€‚昨òq?0月ã€?1月の˜q½åŠ æ–½ç­–と合わせて総™åç´„20兆円の大規模パッケージである。その内宏V¯ã€ç”Ÿç”£é€£å‹•åž‹å„ªé‡ç­–åQˆRPIåQ‰ã®ž®Žå…¥ã‚„、èŽ×入規制の強化など、èŽ×入代æ›Ñ‚’目指すものであり、保譯‚²¿æ˜“との批判を招いている。RCEPとは逆行する政策と言えようã€?/p>

 ½W¬äºŒã«ã€æ˜¨òq?月に中国との国境で軍事衝½HãŒå‹ƒç™ºã—、イミ냉å?0人、中国側4人(双方の公式発表によるåQ‰ã®æ­»è€…が出たことにより、イミ냉の反中世論が爆発的に高まったã€?/p>

 日本ではしばしば誤解されているが、モディ政権の政沅R®ä¸­æ ¸ã«ã¯ã€å¤§è¡†å—けする政½{–を推逌Ӂ™ã‚‹ã€Œå”Dい指ž®Žè€…」としてのモディ首相の偶像がある。そのため、市民の憎悪の対象となっている中国との関係å”D化を意味する政策は、政æ²Èš„に実珑֛°é›£ã¨ãªã£ãŸã€?/p>

 ½W¬ä¸‰ã«ã€äºŒå›½é–“FTAや他の多国間協定によって代替可能との考えが広まっている。イミ냉は他国にとって無視できる存在ではないため、個別の協定を¾iã¶ã“とによって¾iŒæ¸ˆçš„なメリットを確保できるという発惟끧ある。日本も2011òq´ã«ã‚¤ãƒ³ãƒ‰ã¨ã®é–“で包括的¾iŒæ¸ˆé€£æºå”定を締¾iã—ている(同年発効åQ‰ã€?/p>

 このように、イミ냉国内でRCEP参加への気運はしべ{‚“でおり、少なくとも当面は参加の可能性が低い。日本政府は、RCEPにおける中国の主ž®Žæ¨©ã‚’牽制するためにも、イミ냉の引き留めに熱心であったが、今では関係者の間に諦めムードが漂う。当面は「イミ냉抜きRCEP」という珑֮Ÿã‚’受け止めるよりぅR‹ã¯ãªã„だろうã€?/p>

æº?和敏åQˆãŸã¾ã‚Šãƒ…R‹ãšã¨ã—)中京大学¾Råˆæ”¿ç­–学部准教æŽ?br />中央大学大学院法学研½I¶ç§‘博士後期課程修了 博士åQˆæ”¿æ²Õd­¦åQ?br />国際関係論、イミ냉の国際政æ²?br />1980òq´ç”Ÿã¾ã‚Œ

]]>
時代は感情を求める? tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19337 2021-03-31T05:33:58Z 2021-03-31T06:22:09Z é•äh» ¼œ¥å¸æ•™æŽˆ  古代ギリ゗÷ƒ£ã‚ˆã‚Šã€ã€Œç²¾¼œžã¨íw«ä½“」、「理性と感情」といった対æ¦?.. 広報部編集è€?/name> é•äh»å†™çœŸ.JPG é•äh» ¼œ¥å¸æ•™æŽˆ

 古代ギリ゗÷ƒ£ã‚ˆã‚Šã€ã€Œç²¾¼œžã¨íw«ä½“」、「理性と感情」といった対概念が、äh間というものを理解するための枠組ãÑ¨ã—て用いられてきた。とくに古(いにしえåQ‰ã®å“²å­¦è€…たちは、精¼œžã‚„理性を人間の本質だと考える傾向があった。プラトミ끪どはその典型である。èín体やそれに由来する欲望や感情を取り去ることで、äh間は完全な存在、純¾_‹ãª¾_„¡¥žã«ãªã‚Œã‚‹ã€‚こうしたäh間理解は、精¼œžã®ä¸æ­»ã‚’説いた˜q‘代のデカルトにおいて、ひとつの極に達するã€?/p>

 時代は下り二一世紀の現在、äh文科学や½C¾ä¼š¿U‘学、脳¿U‘学を始めとする自然¿U‘学では、èín体と感情が研½I¶ã®ä¸Õd½¹ã«ãªã‚Šã¤ã¤ã‚る。また世間に眹{‚’むけてãÑ‚‹ã¨ã€ã“こ数òq´ã€æ„Ÿæƒ…に深い関係のある若者言葉が‹¹è¡Œã—ていることに気づく。たとえば、「エモい」という­a€è‘‰ãŒãã†ã ã€‚この「エモい」自体、一○年以上まえからä½Ñ‚ã‚Œã¦ã„たが、「今òq´ã®æ–°èªž 2016」で二位になったことをきっかけに、äh口に膄¡‚™ã™ã‚‹ã‚ˆã†ã«ãªã£ãŸã€?/p>

 語源については、音楽ジャンルの「イヹ{ƒ¢ã‚¦ã€ï¼ˆEmoåQ‰ã«ç”±æ¥ã™ã‚‹ã¨ã‹ã€ã€Œãˆã‚‚いわれぬ」から派生したという説がある。ただ、いまのä½Ñ‚ã‚Œæ–¹ã‹ã‚‰ã™ã‚Œã°ã€ã€Œã‚¨ãƒ¢ãƒ¼ã‚—÷ƒ§ãƒŸë€ã¨é–¢ä¿‚があると解していいだろう。英語の「エモー゗÷ƒ§ãƒŸë€ã¯ã€ä¸€ä¸ƒä¸–紀初頭に仏語からèŽ×入され、一七世紀から一八世紀にかけてä½Ñ‚ã‚Œã¦ã„たが、心的状態を表現する概念として定着したのは、一九世紀半ばのことである。仏語でも英語でも、もとは、物理的、èín体的な動きや揺れを表現する概å¿üc§ã‚ったã€?/p>

 「エモー゗÷ƒ§ãƒŸë€ãŒã‚ã‚‹½E‹åº¦ã€å­¦è¡“的に定¾Ÿ©ã•ã‚ŒãŸæ¦‚念であるのに対し、「エモい」は、ややつかみ所のない言葉である。ネットで検索してみると、心を動かされる、情¾R’的、懐かしい、ノわV‚¿ãƒ«ã‚¸ãƒƒã‚¯ãªã©ã€ãã®æ„å‘Ÿë¯æ¥üc‚ã¦å¤šæ§˜ã§ã‚る。すでに市民権を得ている、「ヤバい」と伹{Ÿæ„å‘³ã§ä‹Éわれることもあるようだ。また、「エモい」はいろいろな商品に、付加ä±M値を与える機能もあるらしい。音楽がその代表例であろう。ã€?..はエモいよね」と­a€ã†ã ã‘で、なにかそこに意呟낄価値があるかのようであるã€?/p>

 だが、言葉をíw«ä½“感覚でä‹Éうこうした傾向は、理性や¾_„¡¥žã‚’膾んじることになりはしないか。個äh的には、こんな危惧を覚えてしまう。言葉にこだわって、深く論理的に考えることを放棄した人々が、「エモいよね」という一­a€ã§ã€ä½•ã§ã‚‚やり過ごしてしまう。それをãÑ‚“なが­a±å®¹ã™ã‚‹ã€?/p>

 íw«ä½“や感情に偏ったäh々が、こんな風に½C¾ä¼šã®é›°å›²æ°—を作っていることに、底知れぬ恐怖を¼›ã˜å¾—ない。「時代錯誤もはなはだしい。世の中はスピード感をもって動いている。立ち止まって考えていたら、時代に取りŒD‹ã•ã‚Œã‚‹ã®ã ã€â€•â€•â€•ã“んな批判が返ってくるかもしれない。「あえて論理åQˆãƒ­ã‚´ã‚¹åQ‰ã«ã“だわりたい」というのは、もう若くはない¿Uã®¾J°ã‚Š­a€ã ã‚ã†ã‹ã€?/p>

é•äh»¼œ¥å¸åQˆãªãŒãŸãã€€ã—ょうじåQ‰ã€€ä¸­äº¬å¤§å­¦å›½éš›å­¦éƒ¨æ•™æŽˆ
東北大学大学院修了 博士åQˆæ–‡å­¦ï¼‰
哲学・認知科å­?br />1964òq´ç”Ÿã¾ã‚Œ

]]>
外国人市民による防災 tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19277 2021-03-19T00:13:10Z 2021-03-22T00:57:07Z 佐野 八重 准教æŽ? 日本には自然災害が多い。地震、台風、大雪などが毎年いくã?.. 広報部編集è€?/name> 佐野先生写真.png 佐野 八重 准教æŽ?/strong>

 日本には自然災害が多い。地震、台風、大雪などが毎年いくつも発生し、大きく報道されるã€?/p>

 ž®‘しでも被害を抑えようと、これまで様々な努力が重ねられてきた。保育所から高校まで、子どもたちが学ぶ場では定期的に遉K›£­a“練が行われる。地震を感じたら、まず自分のíw«ã‚’守るための一連の行動をèínにつけるのだ。防災の日には関係機関が協力した大規模訓¾R´ãŒè¡Œã‚ã‚Œã€ãã®æ§˜å­ã¯ãƒ†ãƒ¬ãƒ“・新聞で伝えられる。ホヹ{ƒ ã‚…Rƒ³ã‚ѝƒ¼ã«ã¯é˜²ç½ã‚°ãƒƒã‚ºã‚³ãƒ¹{ƒŠãƒ¹{Œå¸¸è¨­ã•ã‚Œã€ä¿å­˜é£Ÿãªã©æ§˜ã€…な商品が並くV‚‰ã‚Œã¦ã„ã‚‹ã€?/p>

 このように、被実낒知り防災をèín˜q‘に体験するŠ™Ÿä¼šãŒã‚ることによって、災実낒自分ごととして捉える姿勢が気づかぬうちに˜¡Šã‚ã‚Œã‚‹ã®ã ã‚ã†ã€?017òq´ã®å†…閣府調柅R§ã¯ã€è‡ªåˆ†ã‚„家族が自然災実끮被害に遭うことを惛_ƒã—たことがないähはã€?1åQ…に過ぎないã€?/p>

 かつて筆者がマレヹ{‚·ã‚¢ãƒ»ã‚ücƒå·žã‚’­aªã‚ŒãŸéš›ã€ç¾åœ°ã®äººã«­a€ã‚ã‚ŒãŸã“とがある。「ここの人達の暮らしはのんびりしているのよ。だって、あなたの国ãÑŸã„に‹Æ¡ã‹ã‚‰æ¬¡ã¸ã¨ç½å®³ãŒè“vこるわけじゃないから」と。では、「のんびり暮らしてきたäh」が日本にやってきたとき、災実끫対する知識や心構えは十分に備わっているのだろうかã€?/p>

 ½{†è€…も参加した名古屋大学グリーン特ä»Õd‡†æ•™æŽˆã®ç ”½I¶ãƒãƒ¹{ƒ ã§ã¯ã€?015òq´å®Ÿæ–½ã®ã€Œåå¤å±‹å¸‚外国äh市民アンケート調柅R€ã‚’用い、名古屋市在住の外国人家庭における防災の珄¡Š¶ã‚’分析した。その結果、家庭での災実끸の備えには、出íw«å›½ã®é•ã„、防災訓¾R´ã®¾iŒé¨“があるか、災å®Ïxƒ…報に触れているかという三つの要因が関係することがわかった。意外なことに日本語能力の媄éŸÑ¯ž®ã•ãã€ãã‚Œã‚ˆã‚Šã‚‚、そのähがどのような背景を持っているか、さらに、来日後に地域防災に触れる機会があるかにより各自の備えが異なるのだã€?/p>

 外国人が災害に対し脆弱であることは、広く認識されつつある。防災に関する各½E®æƒ…報を、多­a€èªžã§æä¾›ã™ã‚‹è‡ªæ²»ä½“も増えてきた。一斏V€ã“の研½I¶ã‹ã‚‰ã‚ã‹ã‚‹ã®ã¯ã€å‡ºíw«å›½ãªã©ã«ã‚ˆã‚Šæ”¯æ´ãƒ‹ãƒ¹{‚ºãŒç•°ãªã‚‹ã¨ã„うことだ。つまり、外国äh住民を均質的な集団としてがӁ¨ããã‚Šã«ã—てはいけない、ということになる。そして、在留外国ähを対象とした防災の普及啓発にあたっては、対象によって多様なアプローチが求められるのだ。たとえば、地震や台風のない国から来た人々には、特に手厚い情報提供や避難訓¾R´ã®Š™Ÿä¼šãŒå¿…要なのかもしれないã€?/p>

 ゟ냭ナ禍により前òq?2月より多ž®‘減ったがã€?020òq?月時炏V§åœ¨ç•™å¤–国人は288万ähを超えている。SDGsの一つ、「住み続けられるまちづくり」を逌ӂã‚‹ãŸã‚ã«ã¯ã€è‡ªç„¶ç½å®Ÿë¸ã®å‚™ãˆãŒé‡è¦ã ã€‚SDGsが目指す、持¾Ešå¯èƒ½ã§å¤šæ§˜æ€§ã¨åŒ…摂性のある½C¾ä¼šå®Ÿç¾ã«ã¯ã€å¤–国äh市民の自助による防災を、公助が½Iæ¥µçš„に支援する必要があるだろうã€?/p>

 異なるバックグラウンドを持つ人々が安心して暮らせるまちづくりを志すことは、すなわち日本ähの誰にとってもより安心できる½C¾ä¼šã¥ãã‚Šã«ã¤ãªãŒã‚‹ã“とを忘れないでおきたいã€?/p>

佐野 八重åQˆã•ã®ã€€ã‚„えåQ‰ä¸­äº¬å¤§å­¦å›½éš›å­¦éƒ¨å‡†æ•™æŽˆ
環境å­?br />オーわVƒˆãƒ©ãƒªã‚¢å›½ç«‹å¤§å­¦ã‚¯ãƒ­ãƒ•ã‚©ãƒ¼ãƒ‰ã‚¹ã‚¯ãƒ¼ãƒ«åšå£«èª²½E‹ä¿®äº†ã€åšå£?/p>

佐野 八重åQˆã•ã®ã€€ã‚„えåQ‰ä¸­äº¬å¤§å­¦å›½éš›å­¦éƒ¨å‡†æ•™æŽˆ

ž®‚門分野åQšç’°å¢ƒå­¦

最¾i‚å­¦æ­ß_¼šã‚ªãƒ¼ã‚Vƒˆãƒ©ãƒªã‚¢å›½ç«‹å¤§å­¦ã‚¯ãƒ­ãƒ•ã‚©ãƒ¼ãƒ‰ã‚¹ã‚¯ãƒ¼ãƒ«åšå£«èª²½E‹ä¿®äº†ã€åšå£?span lang="EN-US">

]]>
¾_‰é£¾æ±ºç®—の経¾R¯ã¨é˜²æ­¢½{?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/2021/02/019201.html" /> <id>tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19201</id> <published>2021-02-19T04:21:10Z</published> <updated>2021-02-19T04:26:38Z</updated> <summary> 矢部 ­‹™ä»‹ 教授  過去、東芝やオリミ냑わV€ã‚«ãƒãƒœã‚¦ã¨ã„った大企業による、大è¦?..</summary> <author> <name>広報部編集è€?/name> </author> <category term="トピックã‚? scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/"> <![CDATA[<table border="0" style="float: right;"> <tbody> <tr> <td><img alt="Img42244åQˆä¸­éƒ¨çµŒæ¸ˆæ–°èžï¼‰.jpg" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/c0b35fb7873816d840dbcc274f7d9338_1.jpg" width="139" height="187" /></td> </tr> <tr> <td style="text-align: center;"><span style="font-size: small;"><strong>矢部 ­‹™ä»‹ 教授</strong></span></td> </tr> </tbody> </table> <p> 過去、東芝やオリミ냑わV€ã‚«ãƒãƒœã‚¦ã¨ã„った大企業による、大規模な粉飾決½Ž—が½C¾ä¼šå•é¡Œã«ãªã£ãŸã€‚それにも関わらず、近òq´ã«ãªã£ã¦ã‚‚企業による不適切会計の事例が後を¾i¶ãŸãªã„。2åQï¼‘åQ—年以降に限ってãÑ¦ã‚‚、富士フイルムホヹ{ƒ«ãƒ‡ã‚£ãƒŸë‚°ã‚V€èˆ¹äº•é›»Š™Ÿã€ãã‚ãŒã­å·¥ä½œæ‰€ã€ï݋åQß_¼§ã€ãƒŠã‚¤ã‚¬ã‚¤ã¨ã„った企業が、不適切な会­aˆå‡¦ç†ã‚’理由として、日本証券取引所グルヹ{ƒ—に対して改善報告書を提出しているã€?/p> <p> ¾_‰é£¾ã«è‡³ã£ãŸä¼æ¥­ã§ä½•ãŒè“vこっていたのかを知るためには、その企業の内部情報を知る必要があるが、通常はそうした内部情報を会社外部から知ることは容易ではない。しかしながら、粉飾がç™ø™¦šã—た企業において調査を行なった際に作成された、「調æŸÕd ±å‘Šæ›¸ã€ã‚’紐解くことで、企業が¾_‰é£¾ã«è‡³ã£ãŸ¾iŒçµ\をある程度知ることができるã€?/p> <p> ¾_‰é£¾ã«è‡³ã‚‹é“½{‹ã¯æ§˜ã€…だã€?/p> <p> 従業員が、経営者の意向を「忖度」することで、粉飾を行なってしまうことがある。従業員が、「経営者を喜ばせたい」「経営者の期待に応えたい」という気持ちを持つのは自然なことだ。経営者が、なんとしてでも業ç‹D目標を達成したい、あるいは損失や赤字を回éÑ—たいと願っているとき、そうした気持ちは従業員にも反映される。正当なæ–ÒŽ³•ã§çµŒå–¶è€…の意向に応えられるのならば問題はないのだが、それが難しい場合に、従業員は粉飾に手を染めてしまうことがある。こうしたケヹ{‚¹ã§ã¯ã€å¾“業員は私的な利益を求めて¾_‰é£¾ã‚’行なうわけではなく、経営者のため、会½C¾ã®ãŸã‚ã«ç²‰é£¾ã‚’実行してしまうã€?/p> <p> ¾iŒå–¶è€…が自ら¾_‰é£¾ã‚’主ž®Žã™ã‚‹ã“ともある。経営者による不正行為においても、従業員の場合と同様に、「会½C¾ã‚’守るため」「上場廃止を回避するため」といった理由で¾_‰é£¾ãŒè¡Œãªã‚ã‚Œã‚‹ã“とが多い。粉飾の動機は、従業員による不正と大きく異なるわけではないが、経営者による不正の場合、その職務管掌の½‹„囲が広くなるため、粉飾決½Ž—の規模も大きくなる傑֐‘がある。経営者が¾_‰é£¾ã‚’行う場合には、自らの会社や自½C¾ã®å¾“業員を守りたいという気持ちがå”Dく働く。また、経営者自íw«ã®ç«‹å ´ã‚’守りたいという、自å·×ƒ¿íw«ã®ãŸã‚ã«ç²‰é£¾ãŒè¡Œãªã‚ã‚Œã‚‹å ´åˆã‚‚あるã€?/p> <p> ¾_‰é£¾ã‚’行なった企業は、少なからぬ代償を支払わなければならない。過òq´åº¦æ±ºç®—の訂正や行政処分、社内処分などといった直接的な代償ももちろん大きいのだが、それ以上に重くのしかかるのは、その企業が長年½Iã¿ä¸Šã’てきた信用を失墜させてしまうことだ。そして、最大にして最悪の代償は、自½C¾ãŒå€’産してしまうことである。こうした代償を支払わないためにも、粉飾には決して手を出してはならないのだã€?/p> <p> ¾_‰é£¾ã‚’防止するためには、どのような寑ֿœ½{–があるのだろうかã€?/p> <p> 拙著「粉飾&黒字倒産を読む」(日本実業出版½C¾ï¼‰ã§ã¯ã€æ§˜ã€…な企業の事例から、粉飾の防止½{–を、「①½C‘Ö†…におけるモニã‚ѝƒªãƒŸë‚°Š™Ÿèƒ½ã®å”D化」、「②業務や意思決定プロセわV®æ”¹å–„」、「③内部通報制度の活用」、「④ゟ냳プライアミ낹意識の向上」の4つに集約している。それぞれの具体½{–については、上­a˜ã®æ‹™è‘—をご参照いただきたいが、これらの施½{–ã‚’¾i„み合わせることで、粉飾が赗÷“る「機会の芽」を摘み取ることが重要だã€?/p> <p align="left">矢部 ­‹™ä»‹åQˆã‚„くV€€ã‘んすけåQ‰ä¸­äº¬å¤§å­¦å›½éš›å­¦éƒ¨æ•™æŽ?br /><span style="font-style: italic;">¾iŒå–¶åˆ†æžã€çµŒå–¶è²¡å‹?br />一Š™‹å¤§å­¦å¤§å­¦é™¢å•†å­¦ç ”究¿U‘博士後期課½E‹ä¿®äº†ã€åšå£«ï¼ˆå•†å­¦åQ?br /></span>1972òq´ç”Ÿã¾ã‚Œ</p>]]> </content> </entry> <entry> <title>企業とäh権尊é‡?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/2021/02/019151.html" /> <id>tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19151</id> <published>2021-02-05T07:20:00Z</published> <updated>2021-02-05T07:18:13Z</updated> <summary> 皆川 æ²Õd»£ 教授  まず、このタイトルからして、皆さん斏V®ä¸­ã«ã¯ã€ã€Œäh権という...</summary> <author> <name>広報部編集è€?/name> </author> <category term="トピックã‚? scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/"> <![CDATA[<table border="0" style="float: right;"> <tbody> <tr> <td><img alt="™å”写真(皆川教授åQ?jpg" src="http://www.readerswithautism.com/research_2/news/4ac3df957ad4d965e2448f827e58292c_3.jpg" width="161" height="200" /></td> </tr> <tr> <td style="text-align: center;"><span style="font-size: small;"><strong>皆川 æ²Õd»£ 教授</strong></span></td> </tr> </tbody> </table> <p> まず、このタイトルからして、皆さん斏V®ä¸­ã«ã¯ã€ã€Œäh権というと抽象的でわかりにくい」「äh権尊重のためには何をすればいいのか」といったご意見をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。「äh権」とは「äh間が人間らしく生きるための権利」であり、例えば表現の自由、思想・良心の自由、プライバシー権などを挙げることができます。「äh権尊重」とは、企業を例にすれば、「自分も大切であり、家族も同僚も、そして、職場も大切だと考えることができる、ゆとりある人間関係」と­a€ã£ã¦ã‚ˆã„でしょうã€?/p> <p> しかし、マわV‚³ãƒŸå ±é“などに目を向ければ、残å¿ücªãŒã‚‰å¤šæ–¹é¢ã§ã€è·å ´ã§ã‚‚差別や虐待、いじめ、セクハラやパワハラといった人権侵害も見られます。他人を軽蔑、侮辱、見下すこと、仲間外れにする行為が、まさに人権侵害に他ならないのです。これらは、äh間のž®ŠåŽ³ã‚’傷つけ、äh間の自由を奪い、åã^½{‰ã‚’侵害するものですã€?/p> <p> 人権侵害がè“vきる原因の一つには、「集団性」が挙げられます。äh間は、それぞれ自分の個äh的・勝手な尺度(ものさしåQ‰ã«ã‚ˆã£ã¦ã€è‡ªå·±ã¨ç•°è³ªã®ä±M値観を有する人を排除したがります。とくに、私たち日本人は「自分たちは同じ」「他のähがやっていることだから」という同族意識を持ちたがりますã€?/p> <p> 皆さんは、「排除の矢印」という­a€è‘‰ã‚’ご存じでしょうか。何かがきっかけとなり、集団から一人の人を排除してしまう矢印が向けられることです。例えば、誰かが「あのähã?..だ」と­a€ã£ãŸã“とから、事実関係もよく知らずに、同èªÑ—た集団が一人の人を排除してしまうことがあるのです。äh違いであったり、新型コロナウイルスに見られるように、それが感染者であれ、医療関係者であれ、あるいは、誠にお気の毒な話ですが、昨òq´ã«ã¯æœ‰åå¥³æ€§ãƒ—ロレわVƒ©ãƒ¹{®æ–VŒãŠäº¡ããªã‚Šãªã£ãŸã‚ˆã†ã«ã€ä½•ãŒãã£ã‹ã‘で赗÷“るのか、わからないのですã€?/p> <p> 誰かを排除しようとする矢印は、いつ自分に向いてくるかもしれません。物事の真理をしっかりと見極めて、他人への「排除の矢印」を自分自èínが取り除くことが必要です。そして、「排除の矢印」を向けられたähの心の痛ãÑ‚’理解し、みんなで取り除く努力、行動をすること、いい意呟끧の「集団も力なり」ですã€?/p> <p> 「自分が­a€ã‚ã‚Œã¦ã„やなことは、ähに言わない」「自分がされていやなことは、ähにしない」。一äºÞZ¸€äººã®äººæ¨©ãŒå°Šé‡ã•ã‚Œã€è·å ´ã®çš†ã•ã‚“がòq¸ç¦ã ã¨æ„Ÿã˜ã‚‹ã“とがあればあるほど、企業はより一層発展するのではないでしょうか。「たんけん、はっけん、ほっとけん」です。èínの回りにどういった問™åŒãŒã‚るかをç™ø™¦‹ã—、それを見逃さずに、積æ¥ëŠš„に対話、コミュニケヹ{‚·ãƒ§ãƒ³ã‚’図りながら、全員で解決に向けてまい逌Ӂ—ていただけたらと思いますã€?/p> <p>皆川 æ²Õd»£åQˆã¿ãªãŒã‚ã€€ã¯ã‚‹ãŒÓ‚åQ‰ã€€ä¸­äº¬å¤§å­¦æ³•å­¦éƒ¨ãƒ»æ³•å­¦ç ”究¿U‘æ•™æŽ?br />公法åQˆæ†²æ³•ãƒ»è¡Œæ”¿æ³•ãƒ»æƒ…報法)<br />慶應¾Ÿ©å¡¾å¤§å­¦å¤§å­¦é™¢æ³•å­¦ç ”½I¶ç§‘。博士(法学åQ?br />åQ‘ï¼™åQ•ï¼•òq´ç”Ÿã¾ã‚Œ</p>]]> </content> </entry> <entry> <title>「塀の中の事情」と向き合う tag:www.readerswithautism.com,2021:/research_2/news//15.19064 2021-01-06T01:24:48Z 2021-01-06T01:45:25Z 保条 成宏 教授  刑法学は、いかなる行為が犯罪となり、これに対してどのような... 広報部編集è€?/name> 保条先生お写çœ?jpg 保条 成宏 教授

 刑法学は、いかなる行為が犯罪となり、これに対してどのような刑瘪が科されるべきかを論じる学問である。もっとも、犯¾|ªã«ã‚ˆã‚Šåˆ‘瘪を科される「生íw«ã€ã®äººé–“の現実と向き合うことなく、いくら犯罪や刑¾|°ã‚’論じても、血の通わない½Iø™«–になるã€?/p>

 そのため、刑法の先学たちに倣い、実際に懲役・禁錮刑などが執行されている刑務所を見学し、その空気に触れるように心がけてはきた。ただ、ここ何òq´ã‹ã¯ã€è«¸äº‹æƒ…により刑務所から­‘ŸëŒé ã®ãã€ã—かもこのゟ냭ナ禍では、しばらくは見学できそうにない。そこでせめてもと、私の刑法ゼミで、本òq?月刊行の清田‹¹©å¸ã€Œå¡€ã®ä¸­ã®äº‹æƒ…―刑務所で何がè“vきているか」(òq›_‡¡½C¾ï¼‰ã‚’読むことにしたã€?/p>

 これまでも、刑務所に関しては、安部譲二氏の「塀の中の懲りない面々」や、山本譲司氏の「獄½H“記」など、服役経験者による著作はあった。これに対し、本書は、テレビ朝日報道局に勤務する清田氏がã€?0òq´ã«åŠã¶åˆ‘務所取材の集大成として、書き上げたものである。第一¾Ršã®ã‚¸ãƒ£ãƒ¹{ƒŠãƒªã‚¹ãƒˆãŒã€åˆ‘務官や受刑者へのイミ낿ビュヹ{ªã©ã‚‚¾J”り交ぜ、手堅い½{†è‡´ã§æãå‡ºã™åˆ‘務所の実像は、読者の惛_ƒã‚’はるかに超える。ゼミ生たちも、「これまでの刑務所のイメージが覆された」と口々にいうã€?/p>

 例えば、本書は、「塀の中は社会を映す鏡」という。社会の高éŞ化に格差の拡大が重なり、「老後破綻」が多発するなか、高齢での初犯により服役するケーわV‚‚、増えている。高齢のため認知症が進行し、刑務作業はもちろん、èín辺処理さえままならない受刑者もいる。こうした要介護者を高éŞ受刑者が世話する「老老介譗÷€ãªã©ã‚‚、日常化しており、刑務所は、今や介è­äh–½­a­ã¨åŒ–しつつあるã€?/p>

 さらに、本書は、「塀のない刑務所」の先進的な取り組ãÑ¨ã—て、「開攄¡š„処遇施設」である村ֱ±åˆ‘務所ãƒÕd¤§äº•é€ èˆ¹ä½œæ¥­å ´ã‚’紹介している。愛媛県今治市の造船所「新来島どっく」の一甅R«ã‚り、受刑者は、一般の従業員とともに仕事をしている。職業訓¾R´ãƒ—ログラムが充実し、溶接・クレヹ{ƒ³ãƒ…Rƒ•ã‚©ãƒ¼ãƒªãƒ•ãƒˆãªã©ã®å›½å®¶è³‡æ ¼ã‚‚、服役中に取得可能である。ただ、ここで働くのは、全国の4万ähあまりの受刑者のうち、約30人に過ぎないã€?/p>

 受刑者の½C¾ä¼šå¾©å¸°ã®ãŸã‚ã«ã¯ã€è·æ¥­è¨“¾R´ã‚„ž®±åŠ´æ”¯æ´ã®ä½“制を拡充する必要がある。日本では、江戸時代に「äh­‘›_¯„場」が¾|®ã‹ã‚Œã€çŠ¯¾|ªè€…などを収容し、社会復帰に向けて、大工・建具ãƒÕd¡—物などのèäh¥­æ•™è‚²ãŒè¡Œã‚ã‚ŒãŸã€‚同時代の諸外国に先んじた取り組ãÑ§ã‚り、このような歴史から学び直すことも必要であろうã€?/p>

 刑務所出所者のž®±åŠ´ã‚’促逌Ӂ™ã‚‹ã†ãˆã§ã¯ã€ãã®é›‡ç”¨ã«äºŒã®­‘Ÿë‚’ítã‚€ä¼æ¥­å´ã®æ„è­˜ã‚„姿勢が壁となる。ちなみにã€?961òq´ã«å¤§äº•é€ èˆ¹ä½œæ¥­å ´ãŒé–‹è¨­ã•ã‚ŒãŸã®ã¯ã€æ–°æ¥å³¶ã©ã£ãï¼ˆå½“時は来島船渠)の社镗÷§ã‚った故ãƒÕdªå†…寿夫氏の尽力に負うところが大きい。それから半世紀以上の歳月が‹¹ã‚ŒãŸä»Šã€çŠ¯¾|ªã‹ã‚‰ã®½C¾ä¼šå¾©å¸°ã«é–¢å¿ƒãƒ»ç†è§£ã®ã‚る企業経営者が多く現れ、坪内氏の遺志を¾E™ã„でいくことを攏V‚ã¦æœŸå¾…したいã€?/p>

保条 成宏åQˆã»ã†ã˜ã‚‡ã†ã€€ã¾ã•ãŒÓ‚åQ‰ã€€ä¸­äº¬å¤§å­¦æ³•å­¦éƒ¨æ•™æŽ?br />刑法
名古屋大学大学院法学研究¿U‘博士後期課½E‹å˜ä½å–å¾?br />åQ‘ï¼™åQ–5òq´ç”Ÿã¾ã‚Œ

]]>
²ÝòìÉçÇøÈÕ±¾ÔÚÏßÖ±²¥-ÍüÓDzÝÉçÇøÔÚÏßWWW-Ãâ·Ñ¿´»ÆA¼¶Ã«Æ¬