エチケットのためにもワキ脱毛を実施するケースは多いですが、その際にワキのにおいや汗の量が、脱毛前よりも脱毛後の方が悪化するという噂を耳にすることもちらほらあります。

もっともこれは、あくまで噂であり、実際にはワキの毛がなくなったために、汗がダイレクトに感じるようになり、汗の量が増えたと感じるだけといったことが正解であり、脱毛したからといって汗が増えることはありません。
また、においに関しても、むしろワキ毛がある状態の方がむれるので悪化しやすい傾向にあり、脱毛後ににおいが強まることは基本的にはありません。

しかしそれならばなぜ汗やにおいが脱毛後に悪化したと感じるのかといえば、それは無意識にワキが気になってしまい、必要以上に敏感に汗に反応することで、より緊張して発汗しやすくなっている可能性があります。
また脱毛しているのですから毛によって汗が遮られることなく、衣服に直接汗が染みてしまうことになります。
そうなることでより汗の量が増え、かつにおいも強く感じるようになるといったケースもあり、とくにもともとワキガ体質の人の場合は、より敏感に感じ取ってしまうこともよくあります。
そして脱毛後に正しいケアを実施していないと、毛穴が開いた状態で毛穴に垢や皮脂、汚れなどが詰まることで、汗腺を刺激して汗の量が増えることになり、同時ににおいについてもきつくなるケースもあります。

よって脱毛でワキの汗やにおいが悪化するという説は基本的にはあり得ないですし、それとは反対に本来はにおいについては脱毛した方が効果的なのですが、こういった思い込みやケアを怠るといったことでは、悪化したと感じることもあります。

それゆえに脱毛後はこまめに汗を拭き取るとともに、デオドラントや制汗剤といったにおいケアのアイテムも上手に利用したり、ワキ汗に対応している速乾性や吸湿性、消臭効果のある機能性インナーや、汗ワキパッドなどのアイテムを使用するのも良いでしょう。
他にも高カロリーな食事を控えてバランスの良い食事に変更するなど、食生活の改善などもにおいにはとくに効果的です。